1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

haru226さん

徳島大発ベンチャーILU 高度な自然言語解析能力を持つ感情を宿したAI(人工知能)

最新の自然言語処理(NLP)と自然言語理解(NLU)をハイブリッドした知識駆動型AI

ILUの人工対話エンジンは話し手の意図や文脈を理解し文章中で表現されていない話しての目的を推測する

30年以上に亘って蓄積された単語概念知識DBと意味共起知識DBと、最先端アルゴリズムによる言語理解エンジンによる、革新的な言語理解技術により、文章を解析し、統計処理するだけでなく、感情・感性や意図を理解することが可能になりました

昨年はソニーエンターテイメントとコラボ!日経新聞のAI記者にも

東大発ベンチャー本郷飛行機 世界初の全自動飛行の可能なドローンを開発

2013年に世界で初めて全自動飛行ドローンのフェノックスを開発

空中は革新的な技術、そして新しい文化の可能性に満ちた空間です。フェノクスはただの飛行ロボットではなく、「空中アプリケーション」のプラットフォームです。従来の操縦型の飛行ロボットとは異なり、高度な自律制御を備え、Linuxのコンピュータ同様に、自由に動作をプログラムにすることができます。あなたのアイディアを、空中で実現してみましょう。

代表の金田賢哉氏は東京大学大学院工学系研究所航空宇宙学専攻修士課程を卒業した秀才

九州大学医学部発 Medmain 病理学診断を行うAIを開発

メドメインは飯塚さんら九大の医学部や工学部の学生4人で1月11日に設立。外部のグラフィックデザイナー2人も加わった。事業の主軸はAI(人工知能)に大量の病理画像を学ばせ、そのデータに基づいて診断する病理画像診断ソフトの開発。ソフトは病理医の仕事を担い、患者の細胞から病気の有無を診断する。

「迅速な病理診断は緊急手術の必要性の有無をすぐに判断でき、患者の命を救うことにもつながる。5年以内の上場を目指したい」

1