1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

mura49さん

誰もがそれぞれに自分の一番気持ちいい寝相をしていると思います。
果たしてそれらは自分の健康に対してどのような効果を持っているのでしょうか。

【仰向けに寝る人】

この寝相は最も一般的ですが、このまま寝る人は意外に少ないのではないかと思います。脂肪の重さで内臓が圧迫される感じがするのと、気道がふさがれる感じがしますね。あくまでも個人的感想です。

一般的にはいい寝相だが無呼吸症候群のリスクも

ほとんどの専門家は、仰向けになってゆるいジャケットを着ているかのように腕を身体の横に少し下げて寝るのが最善の方法だと主張しています。 背骨と腰の健康に良いことですね。腰痛を抱えている人には最善の不法です。

一方、このように眠っている人は、他の人よりもいびきをかく傾向があります。 だから、いびきをかいている人のために試してみるべき救済策は、この寝相はやめることです。 この寝相の問題は、睡眠時無呼吸を発症する傾向です。 気道が断続的に閉塞されて睡眠障害に至るリスクがあります。

【両手を上にあげた寝相】

英語ではこの寝相をstarfishつまり「ヒトデ」のようと表現するそうです。これは無意識のうちに誰もがやってそうですね。このままだと肩が痛くなるのは避けられませんね。

背中の痛みにはいいがいびきや酸逆流症を起すリスクも

専門家は、このような睡眠は、顔のしわや皮膚の勃発を防ぐのに不思議に思うと主張しています。 しかし、仰向けと同じように、いびきや睡眠時無呼吸と同じ問題が起こりやすいです。 もちろん、腕が肩の神経に大きなな負担をかけて不快感や痛みを引き起こすのは当然です。

この寝相はまた、いびきを引き起こし、酸逆流症(胸やけなど)に苦しむ人々にとっても好ましくない。 あなたの腕を上げることは、あなたの肩の神経に過度で痛い圧力をかけることもあり、循環にはあまり適していません。

【うつ伏せに寝る人】

たまにするには気持ちはいいですが、ずっとこのままだときついですね。首が常に横向きなので痛くなります。

消化の改善にはいいが頚椎を痛めるリスクあり

胃を下にして眠ると消化を改善することができますが、顔を一方向または他の方向に傾ける可能性が最も高いでしょう。 これは首に多くの緊張をかけることができます。 仰向けに寝ていると、脊柱の湾曲がサポートされていないため、背中の痛みを引き起こすこともあります。

この寝相は消化プロセスに適しています。 しかし、あなたの首は夜の間ずっと横に傾いています。私はこのような寝相で首を痛めた多くの人を知っています。

睡眠者は、脊髄の自然な曲線がサポートされていないため、背中の痛みを引き起こす可能性もあります。 しかし、あなたがたくさんのいびきをかくなら、これは試してみる方法かも知れません。

【胎児のように丸くなって寝る人】

個人的にはこれが一番好きですね。やはり精神的な安心感があるのでしょう。

穏やかに眠れるが首や肩に負担がかかる

体を丸くさせることは、首や背中に多くの負担をかけることが分かっています。 そしてあなたの体を極端に丸くすることは、あなたの呼吸の仕方にも影響を与えます。
この寝姿勢の最大の利点は、赤ちゃんのように穏やかに眠ることです。 妊娠中の女性にとって、またいびきの問題がある場合には効果的です。

あなたが妊娠していれば胎児の寝相は特に良いです。循環を促進することができるからです。
しかし、あまりにも固まりすぎるとと呼吸が制限され、午前中に気分が悪くなることもあります。特に、関節や関節に関節炎がある場合は特に注意してください。

【横向きに寝る人】

これは最もポピュラーな寝相の一つですね。

とても良い寝相だが腕の位置による

背骨が伸びているので、この寝相は背中と頸の痛みに対処するのに適しています。 気道を開いた状態に保つのに役立つので、いびきをかく者にとっても素晴らしいことです。 そのため、睡眠時無呼吸に苦しむ人々にとっても最適な選択肢です。

左向きがおすすめ?

妊娠中の女性は一般的に、胎児への循環を改善するので、左側で寝るように勧められます。

左側に横たわると、食べ物の廃棄物が大腸から下行結腸に容易に移動することができます(目を覚ますと排便する可能性が高くなります)。 左に寝ることで、胃や膵臓が自然に吊り下がることができます(胃は体の左側にあります)。これは膵臓の酵素や他の消化器系の発達を助けてくれるでしょう。

1