1. まとめトップ

横浜市議・斉藤達也氏『誇りあるハマッコをはぐくむ』は子供たちのことを本当に思う政策だった

横浜市緑区選出の市会議員の斉藤達也議員の政策の一つに『誇りあるハマッコをはぐくむ』があります。どんなものなのか斉藤議員のホームページやブログ、議会発言をまとめてみました。

更新日: 2018年10月28日

12 お気に入り 24033 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nata-syaさん

斉藤達也氏の政策

一、災害に強い横浜
一、誇りあるハマッコをはぐくむ
一、地域とともに輝く370万都市
一、人にあたたかい横浜
一、頑張る人が報われる
一、地球・みどり・生活を守る

斉藤達也氏の6つの約束。
今回はこの中の『誇りあるハマッコをはぐくむ』に焦点を当ててみます。

生年月日 1973年(昭和48年)1月20日45歳
当選回数4回(横浜市緑区選出)
出身地横浜市
最終学歴早稲田大学 社会科学部
座右の銘または好きな言葉
予防と実行力!!パパは頑張ります。
血液型A型
干支丑

経歴
平成3年3月     早稲田実業学校高等部
平成7年3月     早稲田大学社会科学部卒業
数種の仕事を経験し
平成15年4月13日 横浜市会議員選挙に当選
平成15年4月30日 横浜市会議員に就任
平成19年4月 8日 横浜市会議員選挙に、二期目当選
平成23年4月10日 横浜市会議員選挙に、三期目当選
平成27年4月12日 横浜市会議員選挙に、四期目当選

現在
横浜市会 建築都市整備道路委員会 委員
横浜市会 郊外部再生・活性化特別委員会 委員
自民党緑区第四支部 支部長
横浜みどりライオンズクラブ 会員
(一社)横浜青年会議所 シニア会員
保護司 (緑保護司会所属)
神奈川県薬物乱用防止指導員
自衛隊募集相談員
緑火災予防協会 会員
横浜市及び緑区パワーリフティング協会 会長
パワーリフティングでは、
全国優勝4回、世界大会出場3回
緑区ボウリング協会 会長

誇りあるハマッコをはぐくむ

・郷土愛、道徳心、公共心を育む
・エアコン、教室数の確保、洋式トイレなど教育環境整備
・中学校昼食の充実、配達弁当の導入
・産科医療機関の誘致
・待機児童ゼロ、子育てしやすい横浜
・幼稚園、保育園などの運営支援
・スポーツ・文化部活動の応援

斉藤達也議員の6本の柱のうちの一つ『誇りあるハマッコをはぐくむ』は横浜の将来を担う子供たちにスポットをあて、はぐくんでいく政策であります。
この政策をさらに掘り下げてみていきましょう。

郷土愛、道徳心、公共心を育む

緑区は駅が4つあり、交通安全、移動しやすい、賑わいのある街づくりが必要です。長津田駅周辺では、南口駅前広場の整備と北口歩行者導線改善、狭あい道路整備と雨水対策、東急田園都市線ホームドアの設置、駅北口から西口の新たな街づくり検討など、十日市場駅周辺では、バリアフリー基本構想に基づいて、点字ブロックの改善、歩道橋(太鼓橋)の改善、持続可能な住宅地モデルプロジェクトの推進など、中山駅周辺では、中山駅南口地区市街地再開発事業、緑警察署の建て替えと保育所移転、住居表示検討、スクールゾーンの安全対策など、鴨居駅周辺では、都市計画道路山下長津田線の延伸、歩行者の安全対策、駅周辺・水辺の賑わいづくりなどに連携しています。

地元の代弁者として発言します

 議会では、平成30年度横浜市予算案の審議が行われています。地元のご意見ご要望を踏まえて、2月27日に議会本会議場で「横浜環状北西線・地域貢献」「都市計画道路」「郊外部のまちづくり・中山駅南口再開発事業」「スカイウォーク」「中学校部活動支援」について、林市長、岡田教育長に質問しました。横浜市会のインターネット録画中継でご覧ください。

来年は緑区制50周年

 引き続き、防火防災防犯・消防団支援、緑区遺産の登録推進、いじめ撲滅、子育て・女性活躍・シングルマザー支援、高齢者や障害者にやさしい街、医療・福祉・介護・口腔ケア・認知症対策、都市農業推進、中小企業・商店街の活性化、バス停のベンチ、団地再生、公園の利活用、学校環境改善、スポーツの場所確保、ペットとの共生等、ご一緒に実行しましょう!

OKOHAMA YOUTH Ups!2017-2018フォーラム、「ソサエティ5.0」を担う人材育成を考える~データ、テクノロジー、体験という観点から、に先日、参加しました。


「YOKOHAMA YOUTH Ups!」とは、横浜市民の笑顔あふれる未来の横浜を創りあげていく若者中心の運動で、私も賛同しています。


また、「ソサイエティ5.0」とは、政府の科学技術政策の基本指針のひとつで、サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society)のことです。

今回は、その社会ビジョンと、人材育成のあり方を、横浜の次世代を担う若者たちを交えて意見交換しました。


また、横浜ローズプロジェクトについてのプレゼンもあり、大変に興味を持ちました。
6月2日は、横浜開港記念日ですが、併せて、ローズの日として位置づけ、花と緑を通して、さらなる魅力アップにつながると思います。大いに賛同しました!!
これからも、注目していきます!!

教育について議会での斉藤達也議員の発言

次に、道徳教育について質問いたします。
 世界が大きな変革期、ミサイルが飛んでくるような時代でございます。子供たちには、学力の向上とともに、豊かな心、郷土愛、道徳心の育成を努めることが求められていると思います。そして文部科学省では、道徳の教科化を小学校で平成30年度、中学校で平成31年度から実施して道徳教育の充実を図っていると聞いております。
 そこで、道徳教育の教科化の実施状況について指導部長に伺います。

横浜市では独自に横浜市学力・学習状況調査を実施しております。また、国でも国が実施している全国学力・学習状況調査にも参加をして、子供の学力の状況を把握していると聞いております。
 そこで、全国学力・学習状況調査と横浜市学力・学習状況調査の調査結果の公表状況についてを指導部長に伺います。

大分議論も尽くされていると思うのですけれども、まず冒頭に、いじめ防止基本方針を改定するに当たって、取り組み状況も報告をいただきましたが、これはこれからも続いていくでしょうし、方針をつくって終わりということではないだろうし、当然皆さん、そういう意識でやっていると思います。
 あとは、以前にも私は言いましたけれども、今回のいじめを受けた児童、そして保護者の方々、代理人の弁護士も含めて、ある意味、物すごい勇気の中で、いろいろな形で非常に大きな警笛を鳴らしていただいたというか、体を張ってという表現になるかもしれませんけれども、そういうことに関して、私は非常に感謝を持っています。そういったことを無駄にしないように再発防止に取り組んでいく必要があると思います。
 この間確認して、いじめは全体で3000件以上あるという話だったと思いますけれども、こういった取り組みの途中段階も含めて、1件でも2件でも解消した事例の報告はあるのでしょうか。

未来を担う子供たちを育成するために、学校教育の質の向上をソフト、ハード両面から進めることが不可欠であります。ソフト面で、例えば東京都では平成22年1月に学校週五日制の趣旨を踏まえつつ各月2回を上限に土曜授業ができる旨の通知を出しており、これを受けて土曜授業を実施する学校がふえてきたという報告が出ております。
 そこで、横浜市としても東京都などの例を参考にしつつ土曜授業を実施すべきと考えますが、これについて教育長の見解を伺います。

次にハードの面ですけれども、学校施設の整備が大きな課題であります。先般の一般質問でも、我が党の山下正人議員からの地域防災拠点として重要である学校施設についての老朽化の認識の質問に対して、市長から学校施設は避難場所や防災拠点としての役割も重要であることから、施設の改修や維持保全を従来にも増して着実に進める必要があるという答弁がありました。一方で、老朽化した学校施設をずっと修繕して使い続けても、いずれは建てかえが必要になるということは避けられません。
 そこで、老朽化した学校施設の維持保全や将来の建てかえを今後どのように進めていくのか、教育長に伺います。

道徳心や公共心は時代によって様変わりすると思われがちだが、本筋は過去も現在も大差ないと思います。
地元愛も同じことが言えるでしょう。
家庭教育もさながら学校教育も子供たちに多大な影響を与えることは間違いありません。
斉藤議員は議会でも教職員の道徳における研修の必要性を訴えています。
まさにその通りで、特に小中学校の職員は子供たちに諭す前に自らが学ぶべきだと思います。

エアコン、教室数の確保、洋式トイレなど教育環境整備

災害を生きのびたあとに身を寄せる避難所で、命を落とすという深刻な現実。まさに、そのような事態を防ぐために作られたのが「スフィア基準」なのです。
「スフィア基準」は、アフリカ・ルワンダの難民キャンプで多くの人が亡くなったことを受けて、国際赤十字などが20年前に作りました。
その後、災害の避難所にも使われるようになります。紛争や災害の際の避難所の環境について、“最低限の基準”を定めています。

日本でも、横浜市でも、検討を進めていかなければなりませんね!!

教育環境について議会での斉藤達也議員の発言

私も議員という仕事もしておりますし、あるいは保護司もしておりますので、よく地元の学校を訪問したりしていろいろ地域の課題、学校の課題について意見交換をしております。最近は学校施設の改修に関する要望がたくさん出ております。そして、どうせ予算がつかないから言ってもしようがないだろうということで言わないようにしてしまっているような実は結構難題の課題もあったり、そういった保全に関する課題が深刻だと考えております。学校施設の長寿命化を確実に進めるためには保全を計画的に行うことが重要であり、また、この保全にかかわる費用の積み残しが1000億円以上になるという話も聞いております。
 そこで、学校施設における老朽化状況をどのように把握して施設の保全を行っているかを施設部長に伺います。

5月に策定された横浜市立小・中学校施設の建替えに関する基本方針は、今後34年間でおよそ8割の小中学校総事業費1兆円をかけて建てかえるという内容で、本市にとっても一大事業となります。これまでは築40年ほどで建てかえるというのが一般的と聞いておりますが、個々の学校に目を向ければ、もう老朽化がかなり進んで、築50年の学校もかなりあるという印象でございます。
 そこでまず、横浜市の小中学校で築40年、50年を経過した学校が占める割合についてを施設部長に伺います。

教育環境の充実はソフトの面とハードの面がありますが、ハード面の環境整備も当然必要であります。
老朽化が進む校舎で万が一のことなんてあってはならないし、エアコンなども夏場に教室で熱中症になってはそれこそ命にかかわります。
こういった細かな所も具体的に政策に掲げるのは、非常に解りやすくていいですね。

中学校昼食の充実、配達弁当の導入

【横浜市の中学校で実施されている配達弁当の「ハマ弁」をいただきました。】
横浜DeNAベイスターズが、食を通した健康づくりを目的として、若手選手寮である青星寮で選手が実際に食べている『青星寮カレー』を、昨年、横浜市内学校給食実施校のメニューとして実施するためにレシピを提供され、大好評でした。
本年から、「ハマ弁」のメニューに入りまして、先日、私も食べさせていただきました。
やっぱり美味しいですね!!

昨年5月に実施した『青星寮カレー』の横浜市内学校給食へのレシピ提供に続き、中学生向けの配達弁当であるハマ弁(横浜型配達弁当)にも5月23日(水)の献立メニューにレシピ提供することが決定しました。横浜市内の学校給食も昨年に引き続き『ベイスターズ青星寮カレー』を5月に提供します。なお、本取り組みは横浜市と締結したスポーツ振興、地域経済活性化等に向けた包括連携協定「I☆YOKOHAMA協定」の一環として実施します。

プロ野球選手の資本は身体であります。それを支えるのは食です。
子供たちも同じことが言えます。
この試みはスポーツ振興のみならず、地域交流何よりも子供たちが笑顔で食べる姿が微笑ましいですね。

1 2 3