1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

お茶が好き。だからみなさんにもその魅力を知ってほしい。効能はいろいろあるけれど、美容中心にまとめました。

Kihonaさん

お茶が「美容にいい」こと、知っていますか

みなさんは普段、何を飲んでいますか?
コーヒー?紅茶?清涼飲料水?

そこで今回は、緑茶の隠れた美容効果についてご紹介します。
たまには「日本茶」も飲んでみませんか?

美白効果も

緑茶には3杯でりんご1個分のビタミンCが含まれていて肌に弾力性を与え水分の減少を防ぎ、肌の色を黒くするメラニン色素の生成の抑制も◎例えば、朝緑茶を飲むことで家を出る前に紫外線対策ができ、夜はその日に浴びた紫外線から生成されるメラニンを退治する、なんてことができちゃうんです!

アンチエイジングに

抗酸化作用という言葉を1度は聞いたことがあるかと思います。
酸化とは、体内で発生した活性酸素の増加により体が錆びてしまうこと。酸化すると細胞の老化が早まり、シワ、たるみなどお肌のトラブルや生活習慣病などを引き起こします。
緑茶には、その抗酸化作用があり、老化予防にもおすすめなのです。

つまり、いつも飲んでいるコーヒーや清涼飲料水を緑茶に変えるだけで、簡単にアンチエイジングができるということ。

肌荒れに

緑茶は、ビタミンCやフラボノイド、ビタミンAが豊富に含まれています。
特に緑茶の葉っぱの部分にビタミンAが豊富にあると言われているため、ニキビで悩む人は粉末タイプの緑茶を摂ることをオススメします。

ストレスにも

ストレスは美容に悪影響であることは、よく知られています。
そんな日常のイライラなど、ストレスを解消する方法の1つとしても、日本茶を飲むことをおススメします。
日本茶の甘みやうまみ成分はテアニンというアミノ酸です。また煎茶を飲んでリラックスできるのは、このテアニンの効能が作用しているからです。テアニンは茶特有のアミノ酸で脳の神経細胞を保護する働きも確認されています。
日本茶には情緒を安定させ、ストレスを和らげる効果がある”ビタミンC”も豊富なので、ストレス解消に最適です。

ダイエットにも

世をあげてダイエットブーム。しかし、何が何でも痩せればいいというのは本当のダイエットではありません。
痩身茶によるトラブルなども報告されていますが、そんなものを飲まなくても緑茶で充分。
砂糖を入れずにおいしく飲める緑茶は、ノンカロリーだから何杯飲んでも太る心配なし。
また、油っぽいものを食べた後に飲めば、タンニンが脂肪を分解する酵素の働きを高めてくれます。
食事前の一杯が空腹感を和らげ、ダイエット中の方がおちいりがちなビタミンやミネラル不足も補えるので、ふだんにも増して緑茶を積極的に活用しましょう。

1