1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

InnocentBlueさん

・ミッシングワーカーとは?

#ミッシングワーカー #NHKスペシャル の再放送を観る。また既視感がある内容。介護保険など社会保障体系が弱すぎて、結局また家族が負担をする光景。だいたい同じ構図に追い込まれる。何度となく社会構造を指摘しても、厳然として変わらない社会。

「ミッシングワーカー」とは、ふつうに働いていた人が

なんらかの理由で仕事から離れ、

それが長期間になってしまいふたたび働くことができなくなり、

求職活動もしていないので

「失業者」としてカウントされず、

つまり市場的には「消えた(MISSING)」状態になっている人たち。

日本には、このミッシング・ワーカーが103万人もいることが、NHKスペシャルで放送(2018年6月2日)されました。番組では、40〜50代の独身者が、親の介護をきっかけとしてミッシング・ワーカーになってしまう背景が詳細に放送されたのです。

NHKが研究者とともに試算したところ、「失業者」の72万人を大きく上回り、103万人にも上ることが分かった。少子高齢化で生産人口が減少しているのに、働き盛りの中高年にも働けない人が多い、という深刻な事態になっているのだ。

背景には、非正規労働の急増がある。非正規労働者は転職を繰り返すうちに、低賃金かつ劣悪な仕事しかなくなり、転職に失敗すると、八方ふさがりの状況に陥る。中高年になると病気や親の介護など、様々なことから転職につまずき、その結果、労働市場から排除された状態が長く続き、「ミッシング・ワーカー」となってしまうのだ

1