1. まとめトップ

ヘイトラノベ作家が炎上、一方で百田尚樹らのヘイトスピーチは野放しの現実

過去にヘイトスピーチ発言を繰り返していたラノベ作家による原作アニメの製作が中止され、書籍も出荷停止という事態となっている。一方で、従来からTwitterなどで酷いヘイトスピーチを繰り返している百田尚樹や高須克也といった人間はいっこうに市場から淘汰されていない。

更新日: 2018年12月31日

2 お気に入り 3457 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

百田尚樹の酷いヘイトスピーチ発言・デマ拡散の連続

原作者がヘイトツイートを行っていたため、声優4名が降板したというニュースで僕が思い出したのも、ヘイト発言や性犯罪扇動発言が放置されている百田尚樹の件。 #神木隆之介 さんや #有村架純 さんが百田尚樹原作の映画に出演されるようですが、事務所サイドは再検討してもらいたいですね。#百田尚樹 pic.twitter.com/sj8XYRI7rC

全て大いに問題ありの百田発言だが、特に在日外国人と犯罪を結び付けたツイートが醜悪である。民族的属性と犯罪を結び付け、憶測でデマを流す最低の行為が見過ごされてきた。

人種でその人を 判断することはできない。 ちなみに私は姜尚中さんが熊本県立劇場の館長さんで嬉しいです。 pic.twitter.com/kPDRzA9j8l

本人は「ヘイトスピーチではない」と否認しようとしているが、どう見てもヘイトスピーチである。

百田尚樹の作品はなぜ淘汰されないのか

おはようございます!最新情報のお知らせです。 映画「フォルトゥナの瞳」主演決定! 原作:百田尚樹 監督:三木孝浩 共演:有村架純 他 2019年公開予定 皆さんに観て頂けるのはまだ少し先になりますが、是非、楽しみにしていて下さい! スタッフより

百田原作の映画がまた公開される予定だ。神木隆之介や有村架純は出演を取りやめるべきではないだろうか。

ラノベ作家のヘイトスピーチはNGで百田や高須のヘイトスピーチが野放しなのは何故なのか、ということをみんながだんだんおかしいと思って行ってどんどん燃え広がるべき

今回のラノベ作家のアニメや原作が次々に打ち切られていったのは正しい判断だといえる。それならば現在進行形で問題発言を繰り返している百田らが野放しにされているのはどう考えてもおかしい。

こういう声優を応援。百田のドラマ映画に出ている俳優女優ら、これ見ろよ。 原作者がヘイト投稿 声優降板 | 2018/6/6(水) - Yahoo!ニュース news.yahoo.co.jp/pickup/6285195 @YahooNewsTopics

現在進行形でヘイトスピーチや性犯罪予告、被害者バッシングを繰り広げている百田の作品こそいち早く市場から退場してもらわねばならない。

原作がアニメ化される予定だったヘイト作家が炎上して、キャストの降板が相次いでいる件で、映画化された作品がヒットした某小説家は、今現在もヘイトを垂れ流しているのに、業界の対応の差に疑問を持っている人も多いと思いますが、まぁ、こういうことですよね。 pic.twitter.com/yV9QSCf8SH

作者ヘイト投稿 アニメ化中止 2018年6月6日 news.yahoo.co.jp/pickup/6285264 百田尚樹の作品も出版停止にならんのか

出版社は責任から目をそらすのではなく、企業としてヘイトスピーチを容認するのか否かの意思表示をすべきである。

アメリカでこういう事例があった。百田尚樹の様な国内限定の更に一部の層にだけで商売してる人たちはヘイトで稼げる。それが特殊だということ ⇒ ロザンヌ・バー、人種差別発言により主演シットコムが放送中止に a.msn.com/07/ja-jp/AAy2x…

海外では人種差別発言を行った文化人や俳優はきちんと排除されるのがスタンダードである。この国がいかに差別や差別主義者に甘いか。

アニメの方が自浄作用あるんだろうな。アミューズは百田のヘイト止めとかんとV6岡田のように興行が失敗する俳優に落ちますぜ。 #フォルトゥナの瞳 #百田尚樹 神木隆之介×有村架純が描く切なくも美しいラブストーリー、映画『フォルトゥナの瞳』映画化決定! voty-app.com/posts/2159299

「差別しただけで出版停止とかやり過ぎ」、「未来ある若者が差別した程度で退学とか酷い」という言動の中に、その人間が差別をどこまで軽くみているか、当人の倫理観が強く現れているのですよね。

「人権人権言う人達怖い!」「ポリコレ棒で殴ってくる!」みたいなのってやたら流行ってる物言いだけど、先に相手を散々殴っておいて、やめろと言われたら「うわあ!殴られた!」 と被害者側に回ろうとするの信じられないほど卑劣。どこに正しさがあると思うのか。

確信的なヘイトスピーチを行う人間がまともな社会から排除されるのはごく当然のことであり、推奨されることでもある。「発言できなくなる!」などという妄想には、普段からいかに自分の発言の中身と真摯に向き合ってこなかったかが現れている。

ヘイトスピーチって本当に愚かで罪深いですよね。フリーランスの方は、自分の生活を守るためにも、業務提携先がヘイトスピーカー/レイシストではないことを確認して、リスク管理しましょう。レイシストを避けるにもコストかかりますが、ヘイトスピーチ野放しの日本ではやむを得ません。 twitter.com/aryiaman/statu…

排外主義思想をあらわにする高須克也

【閲覧注意】 高須克弥氏(西原理恵子氏同伴)が、「声援」を送った、2017年12月30日(土)の原宿駅・竹下口横でのヘイトスピーチ(差別扇動)と殺人扇動、殺人予告(脅迫)街宣 「We hate f○ckin' 朝鮮サラム(人)」 「馬鹿○ョンだ」 「朝鮮人と共産党を絶滅せよー」 @katsuyatakasu @riezo0608 pic.twitter.com/my4VbyuE82

このような常軌を逸した排外主義思想をあらわにする人物がなんとなく容認されてしまっているのはおかしいだろう。「そういうキャラだから」で済ませられる問題ではない。少なくとも表舞台からは永久に追放されてしかるべきだ。今後は、こういった者らとビジネスを共に行う企業や人物の見識も疑われる社会へと進んでいくだろう。

1