1. まとめトップ

実は京都より大きい!今夏は『奈良の大文字送り火』を楽しみたい

奈良の夏の風物詩でもある「大文字の送り火」。歴史ある古都奈良の夏をぜひ堪能してみてはいかがでしょうか

更新日: 2018年06月09日

4 お気に入り 4009 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

夏の夜のお出かけスポットとして歴史ある古都奈良の夏をぜひ堪能してみてはいかがでしょうか。

jetwskyさん

奈良の夏の風物詩でもある「大文字の送り火」。

1960年から続く伝統行事で春日大社境内の飛火野・高円山で執り行われます。

夏の闇夜に浮かび上がる大の字の幽玄で壮大な風景は時間を忘れて見惚れてしまうほどの見事な景色です。

奈良大文字焼き。高円山に点火。京都五山送り火と違って、メディアにはあまりとりあげられないが、幅が広くて京都の大文字焼きよりも大きく見えます。

■『奈良大文字送り火とは?』■

慰霊祭18時50分~20時
点火20時
演奏会20時~(30分間)

奈良大文字送り火は、戦争で亡くなった奈良県出身者の霊を慰めるための、お盆の行事。歴史は浅いですが、日本最大級の大文字で、奈良公園はもちろん平城宮跡などからも楽しめます。

大文字点火の前に、芝生が広がる奈良公園の飛火野で、戦没者の慰霊祭が行われます。この慰霊祭、神式と仏式を続けてやるのがユニーク。まず春日大社の神官が神式の儀式をやって、次に、奈良市内の30のお寺から集まったお坊さんが、同じ祭壇で仏式の法要をします。お坊さんの宗派もバラバラ。これには、「宗教・宗派を超えて平和を祈る」という思いが込められているとか。

行事の中心となる「大」の字は宇宙を意味するといわれており、「大」を形作る火床の数は、人間の煩悩と同じく108ツあります。 「大」の大きさは、第一画目が109m,第二画目が164m,第三画目が128mあり、日本最大級を誇ります。 午後8時に点火され、市内各所から眺めることができます 。

行事の中心である「大」大きさでみると、奈良の大文字の方が大きいです。

奈良の大文字
火床の数は人間の煩悩の数と言われる108ツあります。
大の大きさは第一画目が109m,第二画目が164m,第三画目が128mあり日本最大級です。

京都の大文字
火床の数は75です。
大の大きさは第一画目約80m、第二画目約160m、第三画目約120mです。

8月15日 【終戦記念日】 平和のために私にできることは何だろう…皆さんは国境を越えて新しい関係を築いていく力を持っています*長崎平和宣言'16 ◆ #奈良 【大文字送り火】 宗派を超え戦没者慰霊と世界平和を祈ります 18:50慰霊祭 20:00点火 御写真@tdjkids pic.twitter.com/ZUTyVApIIx

奈良大文字送り火と平城宮跡朱雀門風鐸(2017年8月15日)雨で炎の勢いが弱かったです pic.twitter.com/SLuKu9AT7s

奈良大文字送り火 夕方はまだ雨が降ってて心配でしたが雨が上がって綺麗に見れました。 終戦記念日に世界の平和祈り合掌。 #奈良大文字焼き pic.twitter.com/v09H5II0BT

■『春日大社中元万灯籠もライトアップ』■

◇万灯籠◇ 奈良大文字送り火、春日大社中元万灯籠とともにお盆の奈良最後の行事、東大寺万灯供養会として東大寺で行われる。 大仏殿の周りに約2500基の灯籠が並べられ、先祖への供養が行われる。 pic.twitter.com/MIbnSdllbJ

■『無料の鑑賞&撮影スポット』■

高円山自体は奈良市内のあちこちから望むことが出来ますので、市民であれば自宅のベランダなどから見える場合が非常に多くなっていますが、よりダイナミックな風景を体感して頂ける「鑑賞スポット」と言える場所も存在します。

◎奈良県庁屋上

若草山・生駒山・奈良市内が一望できる奈良県庁の屋上広場です。

建物の中に入ると左側にあるエレベーターで屋上へ登ります。屋上広場は緑化された広場となっています。とてもきれいに整備されており花など植物も植えられ、木で作られたベンチも多数設置されています。

※大文字送り火及び若草山焼き当日の屋上開放については、要応募。当選者のみ入場可。

応募方法については県民だより6月号(大文字送り火)、11月号(若草山焼き)及び県庁ホームページに掲載します。

◎浮見堂

奈良公園の南端、鷺池に浮かぶ六角形の緩やかな屋根の東屋です。

周囲の景色に融け込んでいて、団体の観光客があまり来ないこともあり、ちょっとした穴場スポットになっています。特に北岸に桜の木が集まっており、春はお花見で賑わいます。紅葉は桜紅葉のほか、橋を隔てた南東側の島にモミジが沢山あります。

夏の燈花会の会場にもなっていて、例年多くの人が押し寄せるため一方通行規制が行われる人気スポットです。季節や時間帯により、貸しボートで遊ぶこともできます。

出典http://奈良観光.jp/ukimido/

1 2