1. まとめトップ

Web担当向け:ホームページ制作会社選びのコツと東京で評価の高い会社5選

ホームページの制作を進めなければいけないWeb担当の頭を悩ます制作会社選び。特に会社の数が多い東京では、結局どこに頼めばいいのか迷ってしまいます。某・広告代理店で大規模のホームページ制作に関わってきた立場から、制作会社選びのポイントをご説明します。

更新日: 2018年06月12日

0 お気に入り 2377 view
お気に入り追加

LIGのホームページに掲載されている制作実績には、「どんな思いでそのWebサイトを作ったのか」という想いが書かれています。

そうそうたる企業が並んだ数多の実績の一つ一つを見れば、LIG社員がクライアントとどう寄り添ってきたのかが分かります。

社員の方の人柄のよさ、仲のよさ、社内の風通しのよさを感じてもらえるよう、撮影を行い、写真を多く使用いたしました。 さらに旅工房様で働くイメージや魅力をより感じてもらえるよう、社員の方の個人インタビューコンテンツの制作を行いました。

暮らしのあたたかさとスマートデバイスのワクワク感を表現しています。

株式会社ZIZO(東京都港区南青山)

大阪本社の会社ですが、2014年に東京上陸。
「ワクワクすることをひとつでも多く!」というビジョンに基づいて、日本屈指のデザイン力とおもしろコンテンツの企画を両立させる、稀有なホームページ制作会社。

ネットに詳しくない業種のクライアントも多いとのことで、親切丁寧な対応にも好感◎

▼株式会社ZIZOのホームページ制作実績

ZIZOのホームページに掲載されている制作実績には、先ほどのLIGと同じく「担当者がどのような意図でホームページ制作を行ったのか」という解説が掲載されています。

これから制作を依頼したいWeb担当者にとっても、参考にしやすい内容なので、自社の制作を依頼するイメージも湧きやすいですよね。

おとなインターンのロゴは、漢字の「大人」がモチーフ。それぞれ、「大」はキラリと輝くおとな、「人」はまだまだ伸びしろ(スキマ)がある学生を表していて、“自分だけの星を目指そう、成長しよう”というメッセージを込めています。

きょろちゃんの魅力でもある目の動きを生かすために、画像の一部分だけを動かすシネマグラフという手法を提案。違和感なくループするように撮影を繰り返し、動画をより軽いGIFに変換して、どのブラウザでもストレスなく見られるようにしました。

チームラボ株式会社(東京都文京区本郷)

最近では「未来の遊園地」で一般層にも認知度を高めるクリエイター集団、チームラボ。

情熱大陸に取り上げられた経験もある代表者の猪子寿之を筆頭に、日本のWebデザインを引っ張り続ける存在です。

気難しい方々かなと思っていたら、社員さんはとても丁寧な皆さんでした。

▼チームラボ株式会社のホームページ制作実績

既存の枠や表層だけにとらわれずに、深く踏み込んだデザインワークを発表している「MIHARAYASUHIRO」の雰囲気を伝えるため、アニメーションなどの動き、背景動画による演出を取り入れています。

昆虫をぐるぐる回して観察できるインタラクティブ図鑑で、昆虫の体のつくりや生態などについての知識が、楽しく体感的に得られる教育コンテンツです。

株式会社イー・バード(東京都渋谷区桜丘町)

様々な業種のクライアントの仕事を行う制作会社。
先鋭的なデザインだけでなく、クライアントの要望に合わせてマス向けのデザインも行える会社です。

少し残念なのは、紹介されている制作実績の、デザインにどんな想いが込められているのか、という説明がホームページ上にはあまり書かれていないところ。

▼株式会社イー・バードのホームページ制作実績

リニューアル前のサイトから一新し、構成もシンプルにしデザイン致しました。

日々の新コンテンツ配信や、またそれに対するページアクセスに対応したCMSアプリケーションの設計実装、画面設計やデザインをおこないました。

1 2 3