1. まとめトップ

四皇カイドウの正体を特定【ワンピースネタバレ考察】

百獣のカイドウの正体は合成生物(キメラ)で鬼のように見える。モリアに捕まっていたがビッグ・マムによって救出され、そのときにはビッグ・マムの夫になった。

更新日: 2018年11月27日

1 お気に入り 18294 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

カイドウの正体はキメラ

ツノの印象では鬼の姿だし、酒と金棒を持っている。
頭は闘魚で、その他の部分には別の生物の遺伝子が混ざる。合成生物(キメラ)となる。

百獣と呼ばれるので、あらゆる遺伝子が組み込まれた存在。予想通り、竜に変身したので、竜に変身する悪魔の実かな。

錦えもんは嘘つきだが、「カイドウは人の姿から龍に化ける」と語っており、人型が基本。

世界最強の生物とされ、ビッグ・マムは「アレ」と呼ぶ。何百年も生きているというのはガセ。マムを「ババア」と呼ぶのでマムより年下。

出身地は後述。

悪魔の実を食っただけなら、海中に潜るだけで死亡できるので、竜でも人でもない。

自殺願望があるカイドウだが、海中へ行っても呼吸ができるので死ぬことは出来ない。とっくに、ジャック(人魚バッキンと白ひげのハーフ)が実証済み。

ヒトヒトの実を大昔に食べたというのはガセ。そんな昔から悪魔の実があるわけでしはないし、リンリンをババアと呼ぶのはおかしい。

古代の天竜人(月人)による、合成成物だと考察。同じ境遇に、ミンク族やトリノ王国(チョッパー修行場)の生物がいる。

なお、蛇首族も、魚人の一種(身体の長い魚人と人間のハーフ)。

モリアとやり合った過去を持つ。モリアを軽視しがちだが、政府に反抗できるほどの可能性をモリアが持っていることになり、政府に消されそうになった(逃げ延びてはいる)。

どんな生意気な野郎も絶対服従 → カイドウのような四皇クラスでも影にすれば服従できていた

自分よりも戦闘力でずっと格上でも絶対服従させられる。ホビホビでおもちゃになっていた人物の中で、シュガーを倒せる実力者は無数にいるのと同じ道理。

モリアは蛇首だが、竜と蛇の戦いが、ワノ国であったことに。そして蛇が敗れた。

カイドウがビッグ・マムに大きな借りを作った状況がある。格下のモリアごときに操られていたからこそ、借りが大きくなる。

カイドウの影はオーズに入れられていた?

カイドウはモリアに影を奪われ、捕まっていたと考察。オーズの死体にカイドウは影を入れられた可能性も。救出したのはビッグ・マム。

鬼の姿に極めて近い。生前のオーズはカイドウの先祖だと考察。500年前に生きていた。

英語のスペルはOarsだが、日本語ローマ字ではOzu。2つまとめて逆読みすると、ZOROという文字を発見できる。ゾロの先祖がオーズだと考察。(Oars単独でも並び替えでザロという文字)

ゲッコー・モリアはワノ国の光月一家

カイドウの借り(一生の恩)は影からの脱出

息子は鬼人のギンやズコット、サンマルク

鬼人のギン……ギオンとの息子
ズコット、サンマルク……リンリンとの息子

『四皇の通称と名前』
ビッグ・マム=リンリン
赤髪=シャンクス
黒ひげ=ティーチ
白ひげ=エドワード
百獣=カイドウ

カイドウの妻はギオン

名前のギンとギオンは、強い関係者を想定できる。

つる(76)の妹分。60歳代以降と推定でき、ギンの母親として間に合う。カイドウが父でもギオンが母なら、ギンのような人間タイプが誕生。
つまり、ギオンはゾロの婆ちゃん!
名刀「金毘羅」を持つ女剣士……ゾロの婆ちゃんも剣士

光月スキヤキの元妻かな。
戦桃丸や酒天丸の母親で、戦桃丸の父親はレイリー。酒天丸はスキヤキの実子。夫カイドウとの間には、ギンを生んだことに。

つるの妹分で高齢を想定でき、シャクヤクという64歳の若作りキャラの前例がある。

カイドウはビッグ・マムの夫の1人

カイドウはビッグ・マムのことをリンリンと呼ぶ(伝電虫での会話)。更には、リンリンは「仲良くいこうぜ、昔みたいに」とある。昔、仲がいい男女=元夫婦。

聞こえない所では、マムをババアと呼ぶ。マムより年下確実。

ビッグ・マムとの息子はズコットとサンマルク

様相がトリノ王国(チョッパーが2年過ごした)と一致するので、カイドウの故郷がトリノ王国ということに。

トリノは変わった体型の人種&鳥が暮らす国。カイドウ自身が王子や王だとか。

子供が全然、竜らしくないので、カイドウはやはり、キメラ程度の存在。

22男サンマルクも同時出産で双子。
ズコットとサンマルクは共にカトリック菓子。
カトイッウ→カイトッウ→カイドノウ→カイドウの

エースの小説ではカイドウは「ビッグ・マムや白ひげよりも1周り下の世代」という文言がある。10歳は年下という意味になる。68-10=58で、カタクリ(48)たちの父親は無理。サンマルク(34)の父親としてバッチリの世代に。

金獅子のシキが登場する映画(物語では22年前)などではカイドウは出ず、現在のカイドウが60歳程度ならば、当時は若造ということで。

カイドウの孫娘。
サンマルクの娘で、次の女・コンスターチの娘だと考察。

台形の目の形がカイドウから遺伝している。
闘魚の角は帽子で隠しているだけ。

サンマルクの妻だと考察。
ビッグ・マムの義理の娘だが、欠番の11女を「構想資料」と称して誤誘導で埋めたニセ11女。本物の11女はティティ(元アラバスタ王妃)。

顔の形によると、ガイモン(宝箱を孤島で守っていた)にも似ているが、レイリーとココロの娘かな。

スターチのスを回転させると「レ」が浮かぶ。タの横棒を除去すると「リ」、チの中段の横棒を除去すると「イ」、レイリーが出現。
コンの部分がココロのココに相当。

カイドウの正体の方が龍ではない根拠

錦えもん……「カイドウは龍に化ける」
カイドウの部下……「人型に戻った」
ビッグ・マム……「アレは倒せねェ」
触れ込み……「陸海空、 生きとし生ける全てのものたちの中で、最強の生物」→元々、トリノ王国出身で合成生物。闘魚の血も混ざる。更に龍に変身できるので、最強の生物。

●カイドウはリンリンより年下(正確には、カイドウが長寿ではない根拠)
●カイドウの正体が龍ならば、龍は伝説の生き物ではなく現存の生物
●錦えもんやカイドウの部下のセリフの言い回し
●息子達(ズコット、サンマルク)に全然、龍の要素がない
●鬼人のギンやゾロもカイドウの子孫だと考察したが、龍の要素がない
●孫娘らしきキャラも、単に目の形や闘魚のツノ(帽子で隠す)が遺伝しているだけ
●先祖だと考察できるオーズに龍の要素がない

ロックスに従っていた40年以上前?

ビッグ・マム、白ひげと共に、ロックスの配下で海賊をしていたという噂もある。

以下はロックスの話。
ロックスはロジャーの前の時代に大きな勢力を持っていた海賊。
40年前にはガープが確保し、船長ロックスは捕らえられた。
ロックス本人か先祖(ジョイボーイ)の麦わら帽子が聖地マリージョアの国宝として眠っていると考察。

なお、当チャンネルでは、ロジャーの息子がルフィだとかなり堅く考察している。
ロックス、ロジャー、ルフィのように麦わら帽子が受け継がれる。シャンクスはルフィが成長するまで10年程、預かっていただけ。

ロックスにはロがつくのでロジャー(77)の父親だと考察。年齢は生きていれば110歳位。もし巨人ならば、特別に老いているわけでない。ルフィの技には、「ギガント(巨人)」が付くのが多いので、先祖に巨人がいそう。
ロックスのロはそのままで、ツの字は回転させるとシになる。クの横棒2本をシに付けると「ジ」、余った横棒は「ー」。繋げて読むと「ロジー」。ロックスはルフィのもうひとりの爺ちゃん。
ロックスの末尾には、クスが付くのでシャンクスの先祖にも該当しそう。シャンクスの父親はレイリーでレイリーの父はヨーキだと考察しており、シャンクスの先祖だとすれば、母シャクヤクの父や祖父辺りにロックスが来そう。仮にシャクヤクの父となれば、シャクヤクはルフィの叔母に当たる。シャクヤクの子供となるシャンクスやハンコックはルフィのイトコ。

シャクヤクの話になるが、ルフィの母親だと勘違いしている人もいる。しかし、ロジャーの妹で叔母が真相ならば、まあ分からなくもない。ロジャーのシャの部分がシャクヤクのシャというわけだ。

ロックスはドクトリーヌ・くれは(141)の子辺りだと考察。くれははルフィの先祖。

空島には90歳超に見える門番の老婆が居て、名前はアマゾンという。ロックスも空島へ行ったろうから、その時にアマゾンを妊娠させたとしよう。その子供たちが、つる(海軍老婆)とガン(元神の騎士)だと考察している。両者ともに鳥の名でDの一族だ。もちろん、ルフィの親戚。つるの家族(隠し子や隠し夫)は別ページにまとめたので、興味が湧けばどうぞ。

1 2