1. まとめトップ

壁に血しぶき 乗客パニック!新幹線で切付け男逮捕「むしゃくしゃしてやった誰でもよかった」

2018年6月9日午後10時頃、東海道新幹線の車内で刃物をもった男が乗客を切付けた。現行犯で男を逮捕。男性1人が死亡し、女性2人がケガをした。神奈川県小田原署で取調べを受けている。

更新日: 2018年06月11日

1 お気に入り 13783 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mizuki36

mizuki36さん

6月10日 午前4時頃 東海道新幹線で切付け事件発生

現行犯逮捕(殺人未遂の疑い)

自称・無職 小島一朗容疑者(22)

神奈川県小田原警察署

22歳の男は午前5時前に一度小田原警察署を出て、近くの病院でケガの治療を行い、再び署に戻って来た。

警察は今後、計画性についても取調べを行う方針。

死亡 男性1人  ケガ 女性2人

警察によりますと被害者の男性は大阪市の会社に勤務していると見られる男性で、死亡が確認された他、同じ車両に乗っていた愛知県に在住の20代女性2人も頭などを切られて入院中である。

小島容疑者の供述

「むしゃくしゃしてやった、 誰でもよかった。新幹線の中で殺意があって人を刺したことは間違いない。」などと容疑を認める供述をしている。

折りたたみナイフ(ノコギリのような形)

やや大きめの折りたたみナイフが凶器。

長野県で買ったという。

これで切りかかっていた小島容疑者。

壁に血しぶき

2018年6月9日午後10時頃、前代未聞の惨劇が神奈川県内を走行中の下りの東海道新幹線で起きた。

男女3人が刃物を持った男に突然襲われた。

小島容疑者の人物像

小島容疑者は精神疾患があると診断され、父親とは不仲、15歳の時に自宅を出て自立支援施設していた。

2年前から祖母の家で暮らしていたが、去年12月の退職とともに家を出たという。

その後、自転車で長野県・御獄山の近くで野宿をしていたという小島容疑者。

小島容疑者の実の父親

亡くなった方、負傷された方、遺族に対しては大変申し訳ないと。

彼がどう行動を起こせるのか、見守っていきたいと思います。

容疑者の祖母の話

1 2 3 4