1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

えっ…。田中将大も大谷翔平も…日本人MLB選手の相次ぐ戦線離脱に心配の声

田中将大も大谷翔平も…日本人選手がMLBで故障者リスト入りが相次いでいる。ネットっ上では心配の声が多く寄せられている。

更新日: 2018年06月10日

10 お気に入り 15020 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

気になる情報をお届けします。

tatsubo1208さん

■カブスに所属しているダルビッシュ有投手

今季からカブスに加入したダルビッシュ有投手は右上腕三頭筋の炎症で5月末に今季2度目のDL入り。

球団は、ダルビッシュが2015年にトミー・ジョン手術を受け1年間欠場したこともあり、今後の調整については慎重姿勢。

今季カブスに加入したダルビッシュは、ここまで8試合に先発して、5回以下での降板が5度。1勝3敗、防御率4.95となっている。

■ヤンキースに所属している田中将大投手

【MLB】田中将大が故障者リスト入り ヤンキースが発表 news.livedoor.com/article/detail… 両太腿裏の軽い張りが理由。8日のメッツ戦先発の際、走塁で患部の張りを訴えて降板していた。故障者リスト入りは昨年に続いて4度目。 pic.twitter.com/38qkogeDyy

ヤンキースは9日(日本時間10日)、田中将大投手(29)を故障者リスト(DL)に入れたと発表した。

先発した8日のメッツ戦で六回に三塁から本塁へ走った際に両脚に張りを訴え、そのまま交代していた。

田中がDL入りするのは昨年8月以来。今季は13試合に先発して7勝2敗、防御率4.58。

・タッチアップの際に張りを感じたという

投手も打席に立つ敵地でのインターリーグで、田中は1点を追う5回1死から敵失で出塁。

1死満塁でジャッジの浅い右飛に対し三塁走者としてタッチアップし、同点の生還を果たした。

■ドジャースに所属している前田健太投手

・9日、ブルペン入りを発表し復帰への大きな一歩

8日(日本時間9日)の試合前にブルペンで27球を投げていたが、10日(同11日)に2度目のブルペン投球を行うことになった。

デーブ・ロバーツ監督が9日(同10日)の試合前に発表したもの。順調ならば、来週中にも先発ローテ復帰となる。

前田は29日(同30日)の本拠地フィリーズ戦に先発したが、右股関節の違和感を訴え、メジャー移籍後最短となる2回途中で降板。翌日にDL入りしたため、最短では9日(同10日)から戦列復帰が可能になる。

■エンゼルスに所属している大谷翔平選手

8日(同9日)には、エンゼルスの大谷翔平投手がグレード2の右肘内側側副靱帯損傷で離脱するという衝撃的なニュースが流れた

8日(日本時間9日)に10日間の故障者リスト(DL)に入ったエンゼルス大谷翔平投手。

1 2