1. まとめトップ

座間9遺体事件・白石隆浩の家族のその後

重大事件では遺族はもちろん、加害者の家族も重い十字架を背負うことになる...。

更新日: 2018年10月30日

0 お気に入り 30271 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

firk12さん

●座間9遺体事件

2017年10月31日に発覚した死体遺棄事件。

神奈川県座間市の当時27歳の男が住むアパート室内で、若い女性8人、男性1人の、計9人とみられる複数人の遺体が見つかっている。

殺害、遺体損壊を行った期間は8月22日から10月30日までの期間で、全て遺体が発見された室内で行われたとみられている。

●白石の家族

実家は、事件現場となったアパートから歩いて30分ほどの場所にある。

出典座間9遺体事件 白石隆浩容疑者が裏切った“家族の肖像”

父親は社交的で、顔を合わせれば「いい陽気ですね」と挨拶をしてきたという。

出典座間9遺体事件 白石隆浩容疑者が裏切った“家族の肖像”

一方、母親は対照的で「無愛想な人ねと、近所の人と話していました。会っても挨拶すらしないこともあって」という。

出典座間9遺体事件 白石隆浩容疑者が裏切った“家族の肖像”

妹は父の影響もあって、パソコンの操作に長けており、学校でも表彰されたことがあるそうだ。

出典座間9遺体事件 白石隆浩容疑者が裏切った“家族の肖像”

「妹さんは都内の有名私大に進学したんですが、そのころ、奥さんも娘の世話をするために2人で家を出たんです。といっても、一人暮らしができない年齢でもないし、通えないほど遠い大学でもないので、別居の理由は他にあるんじゃないかと噂になっていました。今じゃ、妹さんも結婚して子どもも生まれたそうですが、両親の別居は続いています」

一方の白石は県立高校を卒業後、地元のスーパーに就職したものの2年あまりで退職。その後はパチンコ店のアルバイトなど職を転々とするが、長続きしなかった。

出典座間9遺体事件 白石隆浩容疑者が裏切った“家族の肖像”

●消えた家族

白石容疑者の実家には父親が住んでいたが、事件後はその姿が見えなくなったという。

実家から離れて暮していた母と妹もまた、事件発覚数日後以内に、家から姿を消した。

重大事件では遺族はもちろん、加害者の家族も重い十字架を背負うことになる。

▼関連まとめ

「性欲満たすため」..明らかになった座間事件・白石隆浩の動機 - NAVER まとめ matome.naver.jp/odai/215386233…

親兄弟も悲惨だが、親戚にまで影響が及んだのか。/宮崎勤の家族、事件後の悲惨な末路… - NAVER まとめ matome.naver.jp/odai/213925400…

1