1. まとめトップ

【医療としての大麻】CBDで快眠できるワケとは?!

WHOが大麻類を麻薬指定から外すとも報道され、大麻への見直しが必要とされる若干神経質になりそうな法律問題も気になりますが、2020年東京オリンピック迄に医療大麻は確実に非犯罪化されるとのこと。今回の特集は、医療としての大麻の効能が睡眠に活用できることについてまとめてみました。

更新日: 2018年08月06日

0 お気に入り 1049 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

CBDカンナビジオール:医療分野で新しく効果が期待できる成分として徐々に認知が広まっています。今回はその安眠とリラックス効果に着目。科学的な根拠を元に調べた結果をご紹介します。

不眠の原因

「寝つきが悪い」「朝起きられない」「午後に強烈な眠気に襲われる」

毎日少しの睡眠不足が蓄積され、慢性的な不眠症になる方も多いようです。

・目が覚めてもなかなか再入眠ができない
・1晩に2回以上目が覚めてしまう
・精神的な焦りや苦痛を感じて困っている

ストレス、緊張
身体の病気
うつ病
薬や刺激物など
生活リズムの乱れ
環境
別の睡眠障害(睡眠時無呼吸症候群、概日リズム睡眠障害、レストレスレッグス症候群など)

不眠にもタイプがあり、「入眠障害」「中途覚醒」「早朝覚醒」に分かれます。

不眠対策

自律神経の働きが整ってくれば、朝目が覚めて、夜眠くなるようになります。

メラトニンが増えると眠気を感じ、メラトニンが減ると眠気が軽くなります。

「目」を温めると周辺の筋肉が緩み、熱が手や指の先までじんわり伝わります。
こうすることで、リラックス→自然な眠気へとカラダを導いてくれます。

対策手段はいろいろとありますが、どれも心身ともにリラックスすることが重要なようです。

CBDでリラックス?!

CBDオイルには気持ちを穏やかにする、リラックス状態に導くといったリラックス効果があり、不安を軽減することが出来ます。

CBDオイルによって、α‐リノレン酸とy−リノレン酸を摂取しておくと、精神が安定しやすくなります。

痛みや嘔吐を緩和し、ホルモンの分泌や睡眠を促す作用があり、癌(がん)患者の治療にも使われている。

CBDと安眠効果

1 2