1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

平愛梨に批判の声も…赤ちゃんと「揺さぶりっ子症候群」の危険性

女優の平愛梨さんが自身のinstagramで公開したお子さんを抱っこしながらあやす動画に一部で批判の声が上がっています。

更新日: 2018年06月13日

18 お気に入り 134554 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■平愛梨が息子をあやす様子をインスタで公開

女優の平愛梨が7日、自身のインスタグラムで、DA PUMPの新曲『U.S.A』のリズムに乗りながら、わが子をあやす動画を投稿

動画では、夫・長友佑都のサイン入りユニフォームを着た平が、息子を抱っこして『U.S.A』のPVを視聴

ハッシュタグには「耳にのこる」「盛り上がる」「楽しい音楽」といったワードも並べ、自宅でのノリノリな姿をファンへ届けた

■しかしこの様子にネットからはこんな指摘が

平のインスタグラムには「揺らし過ぎじゃないですか?」「揺さぶられっ子症候群のこと、もっと知ったほうがいいです」「脳がまだ固まっていないので、揺らすのは危険です」との声が寄せられる

■抱かれたり揺らされると赤ちゃんは喜びます

泣き止まない時は、抱っこして小刻みに揺らしたりすると、泣き止んでくれる赤ちゃんも多いもの

■でも、気を付けないと「揺さぶられっ子症候群」に?

揺さぶられっ子症候群とは、新生児や乳児期の赤ちゃんの身体を強く長く揺さぶることで起こる、脳内出血などの症状のこと

新生児の体を強く揺すった場合のほか、あやし喜ばせようとして豪快に振り回したり、あるいは車移動の際、新生児用ではないチャイルドシートに長時間座らせるといった行為により、発生の危険性が高まるとされる

■発達途中の赤ちゃんの頭部は非常にデリケートな状態

首が据わっていない乳児は脳の発達段階にありますので、頭蓋骨と脳の間にすき間があります

特に身体が未成熟な新生児から生後6ヵ月までの子供がなりやすいといわれています

■最悪の場合は後遺症が残ったり死に至るケースも

すべての子どもに後遺症をもたらすわけではありませんが、非常に重大で重篤で、一生涯治らない後遺症を患うことがあります

揺さぶられっこ症候群が元で、生涯寝たきりになってしまったというケースもあります

言語障害や学習障害、歩行困難などの後遺症が残る可能性があり、最悪の場合、死に至るケースもあります

■ただ、相当激しく揺らさない限りは問題ないとされています

1 2