1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

▼新幹線で男女3人がナタで切り付けられた事件

9日午後9時50分頃、神奈川県の新横浜駅―小田原駅間を走行していた東海道新幹線東京発新大阪行き「のぞみ265号」の車内で、ナタを持った男が暴れ、

のぞみ265号は小田原駅で臨時停車し、駆けつけた県警捜査員が、男を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

▼男性は間もなく死亡、女性二人は重軽傷だった

被害に遭った女性(27)は、左肩などに切り傷があったが軽傷で、10日に退院した。

もう1人の女性(26)は頭部や首などに切り傷があり、出血が多かったことなどから現在も入院中。意識ははっきりしているという。

▼捜査を進める中で、死亡した男性は60か所以上切りつけられていたという

捜査関係者への取材で、殺害された梅田耕太郎さん(38)には刺し傷や切り傷が60カ所以上あったことが新たに分かった。

梅田さんには、致命傷とみられる首の傷以外に、上半身に数十カ所の傷があった。その後の捜査で、足にもナイフで切られたような傷があったことも新たに判明した。

また、司法解剖の結果、梅田さんの首には長さ約18センチの切り傷があり、死因は失血死だったことも分かった。

容疑者の男は、無抵抗の男性にまたがり執ように何度も切りつけていたことがわかった。

小島容疑者は、倒れた梅田さんにまたがり、駆けつけた車掌からの声かけを無視して切り続けていたという。

▼男性をよく知る人々は、突然の死を惜しんだ

東海道新幹線内の三人殺傷事件で、負傷した女性をかばって犠牲になった兵庫県尼崎市の会社員梅田耕太郎さん(38)を知る人々は「正義感が強く、誰とでも仲良くなれる好青年だった」と振り返り、突然の死を惜しんだ。

事件について「彼のことだから、きっと本能的に女性をかばったのだろう。大学での研究を生かして今後も活躍していけただろうに残念だ」と声を詰まらせた。

▼警察の調べに対し、『むしゃくしゃしてやった』と供述

県警の発表では、男は自称愛知県岡崎市蓑川町、無職小島一朗容疑者(22)。調べに対し、「殺意を持って人を刺したことは間違いない」と容疑を認めた。

被害者3人と面識はなかったとみられ、「むしゃくしゃしていた。誰でも良かった」とも供述。

▼犯行に使用したナタは容疑者が自分で購入したことも新たに分かった

JR東海道新幹線で、乗客3人が刃物で刺され死傷した事件で、現場で押収された凶器のナタが真新しいもので、「自分で買った」と話していることが新たにわかった。

1 2 3