1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

スパイ映画さながら‥金正恩委員長を乗せた中国機の飛行が凄かった

昨日(6月12日)にシンガポールで行われた米朝首脳会談。その際に北朝鮮の金正恩委員長が利用した中国機の飛行が、まるでスパイ映画さながらでした。

更新日: 2018年06月13日

8 お気に入り 54634 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報源を元に作成しています。

■米朝首脳会談が行われた

シンガポールのリゾート地にある高級ホテルで、史上初の米朝首脳会談を行い、その成果として、共同声明にそろって署名しました。

金正恩氏は朝鮮半島の完全化非核化に向けて取り組むと約束したが、言葉の意味合いは双方で微妙に異なる。

アメリカのトランプ大統領は帰国する途中、「北朝鮮の非核化ですばらしい進展があった」と強調

「正恩氏が本気で非核化を望んでいると思う」と述べ、北朝鮮側の主要な要求である米韓合同軍事演習の中止にも前向きな姿勢を表明した。

北朝鮮への対応で最適な選択肢はないが、表面的な外交でさえ、外交関係を結ばないという選択肢よりは好ましい。

米朝首脳会談 何も具体性がないとか譲歩しすぎとか言う人もいるけれど、会談を決めたのはまさしくトランプ大統領であり、それまで誰も為しえなかったことですよね。評論家は何でも言えますけど、戦略的忍耐などと何処かの大統領が言ってましたけど、それは何もしないってことです。

米朝、朝米首脳会談が話題になってるけど。非核化も拉致被害者の事も気になるけど。 物心つく前から徹底した反米教育を叩き込まれてきた北朝鮮の子どもたちは、金正恩総書記とトランプ大統領の握手をどんな想いで見るのかと不安になった。 「大人の都合」のしわ寄せはいつの時代も子供に来る。

米朝首脳会談、非核化で大した突破はなかったが、米朝が接近したことは今後のアジア政治に大変化をもたらそう。北朝鮮問題を落ち着かせて米朝関係を安定化させてから、トランプ政権は力を集中して中国問題に対処できるのだ。だから昨日の記者会見、トランプ大統領は中国との貿易赤字を再び持ち出した。

■当初、金正恩委員長が北朝鮮を出国する際には「政府専用機・チャムメ1号」が使われたとされていた

北朝鮮の金正恩党委員長の専用機「チャムメ1」号が10日午前9時半(日本時間)、平壌を出発した。

同機は北京の上空を通過した後、西南方向に向かって飛行しており、シンガポールに向かっているもようだ

これに先立ち、習近平国家主席など中国要人が専用機として利用する中国国際航空(エアチャイナ)の旅客機が同日午前8時半(同)に平壌を出発している。

■しかし金正恩委員長が搭乗していたのは、「中国国際航空のボーイング747型機」だった

金正恩氏がどのような手段で移動するのかが注目されていましたが、最終的には中国国際航空のチャーター機が使用されました

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が10日午後2時(日本時間同3時)過ぎ、シンガポールのチャンギ国際空港に到着した。専用機ではなく、中国国際航空の旅客機を使用した

中国国際航空の旅客機が平壌からシンガポールに到着し、金委員長のために試験飛行を行った

同機は事前に試験飛行を行っていたということです。

■更に、その飛行経路が凄かった!

CA122便がこの日午前8時30分(北朝鮮時間基準)ごろ、平壌(ピョンヤン)空港から出発した。同機は最初は目的地を北京と知らせ、北京に近づくと突然CA61に便名を変更した後、機首を内陸に向けた後、午後3時30分(韓国時間基準)ごろにシンガポール・チャンギ空港に到着

当初はどちらに金氏が乗っているのか明らかにされていませんでした。両機とも中国本土の上空からベトナムを通るルートで飛行を続け、夕方には無事シンガポールのチャンギ国際空港に着陸

中国領空を横切る航路を選んだことも、不時着や外部の攻撃を念頭に置いた措置とみえる。金委員長が中国大陸上空を通る間は中国空軍が警護飛行をしたものと予想される

■スパイ映画さながらの偽装工作だ

1 2