1. まとめトップ

DeNAの採用担当者が女子就活生をホテルに連れ込み 【就活セクハラ】

WEBサービス系巨大IT企業のモラルの低さがあらわに。数々のWEBサービス・アプリで業界随一のポジションにあるDeNA。就活生を性的に搾取する倫理観のなさに批判が高まっている。DeNAは過去に公取委の排除命令を受けるなど不祥事が続いている。就活生、特に女性の新卒の方は要注意だ。

更新日: 2018年06月23日

0 お気に入り 2600 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

DeNA採用担当者が就活女子大生をホテルに連れ込み(文春砲)

WELQ問題で揺れたDeNAに新たな問題が発覚。DeNA採用担当者が就活女子大生をホテルに連れ込み bunshun.jp/articles/-/2280 #DeNA @bunshun_onlineさんから

女性は昨年、DeNAの入社試験を受けた。その際、同社の面接担当の20代男性社員と「食事をしながら」の面接を受けることになった。その面接を終えたあと、男性社員からバーに誘われた。女性は仕事について聞くつもりだったが、男性社員の態度が豹変したという。

その後、女性の足を触る、抱きつく、キスするなど、DeNAの採用担当者は犯罪的なセクハラ行為を行った。そして、タクシーでホテルに連れ込んだのだという。

週刊文春の取材に対して、男性社員は、ホテルに一緒に行ったことは認めながらも、性的関係を持ったことは否定したようだ

面接でナンパまで 女子学生悩ます「就活セクハラ」の実態
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/178423

面接中のセクハラも非常によくある問題として挙げられている。
「女の子が総合職なんておかしい」「結婚して子供産むのが普通」「男と張り合うなら服装考えなよ」など、採用担当者のモラルの低さが露呈するセクハラ発言がされることも。最も多かったのは「結婚の予定を聞かれた」というものだそうだ。

旧来の大企業では、その体育会系的な体質を背景としたセクハラの横行が指摘されている。一方で、DeNAのようなベンチャー企業の雄ともいえる会社でも、内部の統一されたコンプライアンスが存在しないなどでこうした問題が起こることも多い。

また、この件に関して、「NewsPicks Brand Design チーフプロデューサー」を務める久川桃子が「女子学生の意識も低すぎ」などと被害者非難を行っている。
https://newspicks.com/news/2207048/
被害者女性は「相手に合否の決定権があると思うと(断り切れなかった)」としており、こうした卑劣な搾取の構造を無視して被害者非難を行うのは最低だ。
久川桃子は雑誌「ecomom」のプロデューサー、編集長も務めている。

「抵抗すれば内定を出さない」と脅され、体を触られたり、性行為をさせられたりした場合には、その「就活セクハラ」は「強制わいせつ罪」などの犯罪になります

このような場合、どうせその企業に入社することはもうないだろう。被害を受けて苦しい中ではあるが、証拠収集へと舵を切ることがいいかもしれない。しかし、就活というただでさえ大事な時期に、セクハラ企業に惑わされるのもおかしな話だ。みん就などの口コミサイトで被害情報を共有し、就活生同士で身を守るのも手かもしれない。

給料くらい、正当に支払ってもらっていいですか。 #DeNA

Twitterではこのような声もあり、DeNAの内部実態に関心が集まる。

1