1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ウィリアム・アイアランドとは

ウィリアム・ヘンリー・アイアランド (英語: William Henry Ireland、1775年8月2日 – 1835年4月17日[1]) は、 シェイクスピア関連のものと称する文書や戯曲を偽造したイングランドの贋作者である。詩人やゴシック小説作家、歴史作家としてはあまり知られていない。洗礼名はウィリアム・ヘンリーだとされているが、生涯を通してサミュエルとして知られ(幼くして亡くなった兄弟の名を取ったとされる)、多くの資料にサミュエル・ウィリアム・ヘンリー・アイアランドと記載されている。

ウィリアム・ヘンリー本人は自身が1777年にロンドンで生まれたと主張し続けたが、後に発見された資料によって、本人の主張より2年早い1775年8月[2]生れであるとされた。父サミュエル・アイアランドは紀行文の出版者として成功した人物で、シェイクスピア関連の「遺品」や戯曲、また骨董品の収集家でもある。

贋作を作り始める

ウィリアム・ヘンリーは製本屋で偶然知り合った人から、特殊なインクを使用し、それで書かれた紙を熱することで古い文書の出現を偽装する技術を学んだ[1]。比較的重要度の低い2つの文書を試作した後、ウィリアム・ヘンリーはシェイクスピアの何らかの署名を編み出すことに着手した。

エリザベス朝時代の書物から、何も書かれていないページを抜き取り、人工的に古びさせたインクを使用して、彼はまず、シェークスピアの署名のある賃借契約書を作りました。

アイアランドは古い証書から引き剥がした封印を偽物に貼り付け、12月16日にその偽造文書を父サミュエル・アイアランドに差し出した。サミュエルはそれを本物として受け取り、翌日紋章院にそれを持参すると、その偽造文書は本物として認められた[3]。

ウィリアム・ヘンリーはどこでこの証書を発見したのかと聞かれると、Mr. Hと呼んでいる偶然知り合った匿名希望の人が所有していた古いトランクでこれを発見し、惜しげもなくくれたのだと答えた。

贋作づくりに味をしめ・・・『ヴォーティガンとロウィーナ』

アイアランドはこの成功に味をしめ、1795年にエリザベス朝の書体を使って、「リア王」と「ハムレット」の手稿の一部を作り出し、学者も評論家も一様に、手稿が真筆に間違い無いと証言し、サミュエル・ジョンソン(18世紀のイギリス詩人)の伝記を書いたジェームズ・ボスウェルは、手稿の前に跪いて叫びました。

1795年、ウィリアム・ヘンリーはより大胆になり、『ヴォーティガンとロウィーナ』という新しい戯曲をまるごと作り上げた。

アイアランドは、シェークスピア劇の形式や長さには、全くの素人だったので、適当に1篇を選び、その行数を数えました。
下敷きとした作品を彼は明かす事は、ありませんでしたが、気の毒な事にそれは特別長い作品で、2800行にも及ぶものでした。

劇作家のリチャード・シェリダンがその戯曲を読み「素晴らしい着想は確かに認められるが、生硬でこなれきっていない。非常に若い時の作品と判断せざるを得ない。真に彼の作品で在るか否か、という疑問について言うなら、この原稿を見て、誰が其れを古い物と思わずに居られようか」

俳優でありドルリー・レーン・シアター・ロイヤルの支配人でもあったジョン・フィリップ・ケンブルは、作品の信憑性に深刻な疑いを持っていたとのちに主張している。ケンブルは作品をエイプリルフールの日に世に出すことを示唆したが、これに対してアイアランドは不服を唱え、上演は翌日の4月2日に延期されることになった。

迎えた4月2日の上演で、ケンブルは自分の疑惑を示すため、ヴォーティガンの台詞「そして、此の厳粛なる嘲りが終わりし時」を繰り返した時、観客たちも劇を嘲笑い、以後二度と上演されなかった。

濡れ衣を着せられた父を守るために告白するも・・・

批評家たちがサミュエル・アイアランドに迫り贋作者として非難したとき、息子ウィリアム・ヘンリーは告白本An Authentic Account of the Shaksperian Manuscriptsを出版した。しかし多くの批評家は、この若者が全てを一人で偽造したとは信じられなかった。とある新聞は、ウィリアム・ヘンリー以外の家族がさらなる贋作物の制作を行っているとき、ウィリアム・ヘンリーが発見物に圧倒されている風刺画を発表した(実際に行われていたこととは逆であるが)。

父子の評判は回復することなく、ウィリアムはフランスに逃げ出した。1832年にイングランドに戻ってきて、自分の作品として『ヴォーティガンとロウィーナ』を出版したが、成功には至らなかった。

あわせて読みたいまとめ

1