1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

東京五輪「祝日移動」法律成立 地方からは怒りの声も

2020年東京オリンピックの課題の一つである大会期間中の「交通量削減」。その手段の一つとして、開会式や閉会式前後に祝日を移動させる法律が成立し、10月は祝日が0に。ネットでは反対の声が大多数。直接関係がない地方からは怒りの声も。また「体育の日」が「スポーツの日」に変更された。

更新日: 2018年06月20日

7 お気に入り 46681 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆2020年7月に開会する東京五輪

2020年7月24日から8月9日(パラリンピックは、8月25日から9月6日)に開催される東京オリンピック・パラリンピック競技大会。

前回のリオ大会に参加した国・地域の数は205、パラリンピックは178。2020年の東京オリンピックの参加国・地域は未定だが、 リオ大会を超えるのは確実。

東京オリンピック・パラリンピック が開催される2020年の訪日外国人数の目標数値としては4000万人が掲げられてい ます。

◆課題の一つは選手や観客の「輸送」 原則「専用レーン」も設けず

問題はやはり「輸送」をどうするか。道路が渋滞して、選手やコーチらが会場に着かないとか、渋滞を見越して早く出て長く待たせるなんてことは、やはりあってはならない。

2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は、選手や関係者を円滑に輸送するための「五輪専用レーン」を、原則として高速道路に設置しない方針を明らかにした。 近年の五輪開催では異例の措置だが、経済活動や一般市民の生活への影響が大きいと判断した。

五輪開催時の鉄道混雑を推計するシミュレーターを開発した中央大学理工学部の田口東教授は、現状のままでは観客が時間内に競技場にたどり着けないケースや混雑による事故も想定されるとの見方を示した。

◆スムーズな五輪運営には大会期間中の「交通量削減」が必要

2020年の東京五輪で多くの人が集まることによる交通の混乱が懸念されるなか、混雑緩和策として開閉会式前後を祝日にしようという動きが出ています。海の日や山の日、体育の日はどうなるのでしょうか。asahi.com/articles/ASL46… pic.twitter.com/0ByRmakHUf

そうなるとやはり、交通量自体を減らすということが必要だと言われています。いわゆる大会関係者が言っているのは、平日でも休日並みの交通量にしなきゃいけないだろうと。

中央大の田口教授は、五輪開催時に一定の緩和効果を実感するには、「少なくとも20%の日常利用者の減少」が必要であり、さまざまな仕掛けが必要だろうと述べた。

つまり普段の通勤の足とか、物流・企業とかへの影響は避けられないと。都民ひとりひとりの協力なくして、大会はうまくいかないという状況が、その「輸送」という問題にはあると言える。

◆そんな中、東京五輪に向けた「祝日移動」の法律が成立

東京オリンピックの交通渋滞の緩和などを目的に、2020年に限り、既存の祝日を移動させ開会式の前後を4連休、閉会式の前後を3連休にする法律が成立しました。

これにより、選手団らの往来が激しい開会式の前後を4連休、閉会式の前後を3連休とし、交通渋滞の緩和などを図る。

具体的には、「海の日」を7月23日(開会式前日)、「体育の日」を7月24日(開会式)、「山の日」を8月10日(閉会式翌日)に持ってくるとしている。

法律は13日の参議院本会議で採決が行われ、共産党などを除く、各党の賛成多数で可決・成立しました。

◆ネットでは批判的な意見が大多数

「なんで祝日を増やすんじゃなくて移動させるんだ」「すごい無理矢理感」「消えた祝日にイベントやってたところは困惑するだろうな」「体育の日はそのままにしといてくれよ」といった反対意見が目立っています。

「会社に行くか遊びに行くかの違いで、交通機関の利用は変わらないのでは」「その施策で、混雑が緩和できるのか激しく疑問だ」――と、効果のほどを疑問視する声もある。

2020の祝日移動、賛成意見を1度も聞いたことない件について。

祝日の移動に関しては驚くほど野党もほぼ賛成ですんなり通ってんだよなぁ…… 移動じゃなくてオリンピック年だけ追加にすりゃマシだったものを

東京五輪のために祝日変更なんて賛成してないぞ。勝手にきめんなよ…ていうかわざわざ移動させんでも会社とかに休みにするよう言えよ…

賛成多数て誰がそんなことを頼んだ?全員が五輪を楽しみにしてると思ってるなら大きな間違い。中にはすでに予定を入れてる人もいるだろうが。 余計なことをすんなよ(怒) news.yahoo.co.jp/pickup/6286094 @YahooNewsTopics

1 2