1. まとめトップ

ここ一番では必要!開き直るメリットとその方法とは?

人生において開き直りもたまには必要とも言われることがありますが、怖気づいたり逆境、追いつめられたとき、プレッシャーの状況で気持ちが劣勢になっている場合、開き直りが状況を打開できる手段となります。それではどうすれば開き直れるのでしょう?

更新日: 2018年06月14日

4 お気に入り 714 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

■開き直るとは?

「開き直り」というのは、今の感情を180度回転させるということです。悪い方向へと考えていてもいいことはありませんから、思いきって逆をします。

「開き直り」とは、嫌だなと思ったことは、自分から進んでやりに行くということです。
逃げたい出来事を、自分から進んで追いかけていくと言うことです。

■開き直るメリットとは?

人はあまり開き直るということをしません。そこにたどり着ける前に自分で答えを出す傾向が人にはあります。それは良いことでも悪いことでもです。そもそも開き直るときは自分の気持ちが下まで落ちているときになる感情です。

特に真面目な性格で緊張しやすい人には開き直るということは大切です。例えば人前でうまく話すことができない、緊張して自分の主張ができないという人には開き直ることは身に付けておくべきでしょう。

緊張しやすい人は変なことを言ったらどうしよう、失敗したらどうしよう、という気持ちがあります。ですがそうした気持ちは不要です。相手は自分が思うほどさほど考えていない、相手はなんとも思わない、と気持ちを切り替えてみてください。

悩んでいてもしょうがない、それよりも自分の話で人が笑ってくれたり失敗を見せることもしても良いことだと感じてください。そうすると自分の中で変化が起きてくるでしょう。

・ 大きな変化を起こせるかも

まず今までの人生のターニングポイントを思い出してください。

それらの元をたどると、“もう嫌だ、辛い……”“え〜い、もうどうにでもなれ〜!”と思っていたときではありませんか?
それがキッカケで人生がいい方向に変わったという出来事が、だれにでも1つか2つはありそうですね。

つまり開き直ると、大きな変化が起こるかもしれないのです!

・緊張がほぐれる

開き直ると、なんだか肩の力が抜けますよね。このように開き直ると緊張がほぐれることも、メリットのひとつではないでしょうか?

緊張しやすい性格を改善したいけれど、開き直るという考えに抵抗を感じるという真面目な人もいそうですね。

このタイプの人の中には、常に不安を持っている人もいるようなので、開き直ることに対しての抵抗を捨てないと、ストレス過多になりそう……。
真面目な人は特に、開き直る勇気が必要かもしれません!

・やる選択が増える

“え〜い、もうどうにでもなれ〜!“と思ったのがキッカケで、行動を起こしたことはありませんか?

たとえば、「後のことなんてどうでもいい!好きな彼に告白しよう」「ついていけないかもしれないけれど、とりあえず英会話教室に行っちゃおう!」といった出来事があったと思います。

このように「どうにでもなればいい」と思い開き直ると、“やる”という選択肢を選ぶ確率が上がることがあるのです。
後先を考えないで選択する機会が増えるともいえますね!

■開き直る方法とは?

気持ちを切り替えるという視点で開き直ることが大事です。

開き直りというのは、ある種の「覚悟」だと思います。

追い詰められたり腹を括ると、人知を超えた大きな力が働くのかもしれません。

・視点を変えてみる

他人と比べたり、何か言われた評価で人生を決めるのは おかしなことな訳です。何かに失敗してひどく落ち込んだときは、一度「役立たずでも良い」と開き直ってみましょう。

心が軽くなり、不思議と自信もわいてきます。

そして自分らしさを取り戻す ことができますから、マイペースで自分の力を発揮して、自然と結果も出るようになります。

・仕事で開き直る

仕事でのピンチは必ず訪れます。ミスを犯してしまったり、取引先とのトラブルなど予測不可能なことは必ずあります。仕事をしていく上でそのようなピンチを招かないために毎日の鍛練は必要不可欠です。

社会人として強い心を持つことは大切です。ミスをしてクヨクヨしているとその先へは決して進めません。なぜミスをしたのか反省しつつ、仕事がうまくいくように努力するのは当然です。その中で開き直るということが大きなポイントとなるでしょう。

仕事の上での開き直りはそれまでの自分の考えを少し下がってみる、ということです。ここで開き直り方を間違ってしまうとミスがさらに大きくなってしまうということです。自分を客観的に見てください。それまでのやり方とは違う方向を見出すことができるでしょう。

・人間関係において

人間関係の悩みを解消するうえで、一番効果的な方法は、「自分は嫌われてもいい」と開き直ってしまうことです。自分に対する批判、嫉妬や悪口、悪い噂など、自分の足を引っ張るような力を跳ね返すには、「他人にどう思われても関係ない」と考えるのが一番有効なのです。

人生でもっともストレスを感じること、それが人間関係です。この世界でたった一人になったなら人間関係のストレスとは無縁になりますがそうもいきません。ほとんどの人は他人から嫌われることを気にします。嫌われる、それは自分が好かれたいと思うから気になることです。

ですが周りの人間からみんなに好かれるという人はこの世の中にはいません。なぜならみんなに好かれる人間を嫌いだと思う人が必ずいるからです。もし人間関係で悩んでいるのなら、たとえ嫌われたっていい、その人に嫌われたって自分の味方は必ずいる、と開き直ることです。

嫌われて気が楽になることもあります。神経を使う人間関係よりも自分が楽しくなることを考えましょう。開き直るということはポジティブに生きるきっかけとなるでしょう。

1