ロバート・パリッシュ(ボストン・セルティックス 他)

大学卒業後、1976年のNBAドラフトの1巡目全体8位でゴールデンステート・ウォリアーズに指名されNBA入りする。

ウォリアーズ時代は出場時間に恵まれなかったが、1980年にセルティックスにトレードで移籍後、目覚しい活躍を見せる。セルティックスにはラリー・バードがおり、ケビン・マクヘイルという強力フォワードがいた。

そこにパリッシュという大型センターが加わることによって理想的なトライアングルが形成された。このトリオの活躍によりセルティックスは東地区の伝説的な強豪にチームになり、西地区のロサンゼルス・レイカーズと二強の時代になる。

この情報が含まれているまとめはこちら

【#NBA】背番号の代表選手まとめ(伝説の選手、現役選手、永久欠番)#NBAjp

神様・ジョーダンの「23」、ジャバーの「33」など…背番号 0(00)~99まで、それぞれの番号を代表する選手をまとめました。※随時更新

このまとめを見る