ケビン・ダックワース(ポートランド・トレイルブレイザーズ 他)

ブレイザーズのセンターは当初サム・ブウイが担っていたが、このブウイが足の故障で戦線離脱し、スティーブ・ジョンソンが当時はスターターを担っていた。ところが、このジョンソンも怪我で1987-1988シーズン序盤にリタイア。ダックワースにチャンスがやってきた。

ダックワースはこの機会を完全にものにし、平均15.8得点、7.4リバウンドをマーク。それ以上に守備でチームに大きく貢献し、MIPを獲得した。

この情報が含まれているまとめはこちら

【#NBA】背番号の代表選手まとめ(伝説の選手、現役選手、永久欠番)#NBAjp

神様・ジョーダンの「23」、ジャバーの「33」など…背番号 0(00)~99まで、それぞれの番号を代表する選手をまとめました。※随時更新

このまとめを見る