1. まとめトップ

気になる顔のたるみをセルフケア☆おすすめ解消方法とは

年齢を重ねるごとにお肌の悩みは増えくるものです。若いころのように張りのあるお肌を保つためには努力が必要不可欠ですよね。とくに顔のたるみは見た目年齢にも影響してくるため、出来るだけはりのあるお肌を保ちたいですよね。若さを保つためにはまずたるみの原因を知ることが大切です。

更新日: 2018年06月14日

2 お気に入り 3312 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

たるみの原因は身近なところに潜んでいる!

普段生活している中で知らずに顔のたるみの原因になるような行動をしているかもしれません。たるみの原因と対処方法を知っておくことで若々しさを保つことができます。

喫煙によって肌の老化が加速してしまうことがわかります。なんと、喫煙者と非喫煙者では肌の老化スピードに5倍の差があるとまで言われているのです。

横向き寝をすると下側になった方が「肌の重み」を受けてしまいます。枕との摩擦により肌乾燥も引き起こします。

もともと弾力があれば良いのですが、弾力不足の肌は、押されっぱなしになってしまいます。その結果、下側にある方の肌がたるんでしまいます。

毎日の睡眠がまさか顔のたるみの原因になっているとは思ってもみなかったのではないでしょうか。ただ寝るだけでも気を付けていないとたるみの原因掛けではなく、二重あごの原因にもなってしまいます。

顔のたるみやシワを予防するには横向きではなく、仰向けで寝るのがいいのですが、仰向けならいいのか、というとそうではありません。仰向けに寝たときに枕が高いと、二重アゴや首のシワの原因になります。

スモーカーフェイスって顔の血色悪いよね 喫煙者の顔色をよく見ると理解できた #スモーカーフェイス #禁煙 #可哀想な喫煙者

@a_kuchan32 そうですよね、香水とたばこのmixは 自分のでもゲーが出そうになる あおいちゃん元々 そんな肌荒れ してないじゃないですかー 後々のシワとかたるみとか怖い たばこ 老化が超早まるみたいですよ

いわゆる「スモーカーフェイス」と呼ばれるもので、たるみ以外にもビタミンCの減少や新陳代謝が落ちることによって、クマができやすくなってしまうこともあるため、喫煙者の女性はとくに気をつけたいところです。また、寝相が原因で顔のたるみや二重あごの原因になってしまうのは寝具を自分に合ったものに変えることで解消できます。

寝ている間の顔のたるみ対策には枕選びが重要!

普段使用している寝具、とくに枕の高さを気にしたことはありますか?フワフワで触り心地のよい枕であったり、パイプやそば殻に枕など硬さの好みや高さの好みがあると思いますが、もしかすると
顔のたるみの原因になってしまう枕を使ってしまっているかもしれません。

高すぎる枕は、顔が垂直になりがちで更にその状態は首に大きな負担がかかっています。首に負担がかかると肩こり、首こり、そして気付きにくい首のシワがたくさん増えます。更に肩こり、首のこりが表情筋を衰えさせて顔のたるみの原因になります。

目が覚めた時に枕から頭が落ちている場合は、枕が高過ぎる可能性があります。

高過ぎる枕をしていると頸椎が圧迫されて、肩こりや首の痛みを引き起こすことがあると言われています。
首元のシワができやすいとも言われ、体に悪い影響が大。

枕の高さは人それぞれ違うもの。立っているときの姿勢を寝ている間もキープできる自然な高さのものを選びましょう。

低すぎも、高すぎもよくありません。アゴがあがってしまう高さも首すじ部の筋肉に余計な負担がかかってしまいます。横向き寝のときは姿勢をまっすぐ支えるために、肩幅に対応する枕の高さが必要です。

やっと枕の買い替え。 西川のAIR4D。高さを店員さんに調整してもらったらフィット感がすんごいw 今まで使用していた枕は高過ぎたみたい(・・;)合ってない枕だと肩凝り、首のシワ、顔のたるみ、抜け毛の原因になるからこれから気をつけなきゃだ。 pic.twitter.com/khIWsszXoe

この前買った超もちもち枕〜♪ 展示品を触ってあまりのもちもち感に思わず買ってしまいました 睡眠は人生の3分の1の時間占めるらしく、いい枕で眠りたいですよね 買った後母に「あんた先月買った枕どうするの⁉️」 とめっちゃくちゃ怒られました pic.twitter.com/qVCISRyJqP

マニフレックスの枕を買った〜今朝は起きた時の肩こりや腰痛がナーーーイ!!すご〜い❤️お布団って大事❤️(≧∇≦)

外出時は日焼け止めが必須!

若いころから外出時にしっかりと日焼け止めをぬりお肌を保護することで、紫外線から受けるお肌のダメージを減らして置かないと将来お肌がたるんでしまう原因になってしまいます。

この男性は28年間、トラックの運転手として働いていたそうで、アメリカで左ハンドル車を運転していた彼は、長時間にわたり左側窓から差し込む太陽光に晒されていた結果、顔の左側の方が突出して老化が進んでしまったのだそうだ。

紫外線を長年浴び続けることで、シミ、シワ、たるみなどを引き起こしてしまいます。ごれを「光老化」といい、紫外線は肌に最も悪い影響を及ぼす原因となります。

紫外線A波は、雲やガラスも透過し、皮膚の奥までも入り込み、じわじわとシミ、シワ、たるみ等を引き起こします。紫外線で本当に怖いのは、日焼けよりもこのじわじわダメージが蓄積される「光老化」なのです。

日焼け止めテキトーに選んでねぇ?紫外線B波ってシミやソバカスの原因になる物質をどれくらいの時間防げるかって表記がSPF。シワやたるみ、黒ずみの原因になる紫外線A波を防ぐ値を表記したのがPAな。だが、やたらに数値の大きいのをチョイスすると今度は肌に負荷が掛かるから気をつけろよな!

春の暖かい日に窓際で寝ていたら日焼けをしてしまった経験がある方もいるのではないでしょうか。これは紫外線A派によるもので、屋内にいるからと言って油断しているとお肌の老化につながってしまう恐ろしい原因の一つです。

年齢の増加よりも恐ろしいのは「光老化」。 肌の老化の大部分をしめる要因が、この「光老化」によるものとされているので、毎日の紫外線防御がいかに大切か分かります。

曇りとは言え一日中外にいる時は日焼け止め塗らないと日焼けで顔焼けて熱い。 とりあえずさっき撮った熱そうな3連発上げときますね pic.twitter.com/Wfxxwl0LxZ

お天気ですね☀️ジリジリ紫外線が5月の紫外線は真夏並。皆さん日焼け止は塗ってますか?肌トラブルの原因に紫外線も関係します。特にA波(しわ、たるみ)は窓ガラスも通り抜けたり曇り空でも肌に届きます。B派(シミ、そばかす)は肌表面の細胞を傷つけます。日焼け止め家の中でも塗りましょうね♪ pic.twitter.com/rRA1rHgn1G

顔のたるみはマッサージで改善できる?

顔のたるみはむくみが原因で起こることもあります。顔がたるんでしまうとお化粧のりが悪くなってしまいます。顔のたるみの原因がむくみであれば、お化粧をする前にむくみ取りのハンドマッサージをすると、むくみが取れてお化粧のりがよくなるだけではなく、顔のたるみの予防にもなりますのでおすすめです!

1 2