1. まとめトップ

夏のテーブルを涼しげに。使いやすい『夏のグラス』❻選

使うたびに自分のお気に入りになっていく、そんな可愛いデザインのグラスです

更新日: 2018年06月14日

7 お気に入り 7035 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

使うたびに自分のお気に入りになっていく、そんな可愛いデザインのグラスです

jetwskyさん

■『WECK ハンドル』■

100年愛されるドイツ生まれの保存食器

イチゴがトレードマークの、ドイツのガラスメーカーWECK(ウェック)。

WECKキャニスターにはめることでWECKキャニスターがマグになるステンレス製のハンドル『HANDY HANDLE』が登場です。

リサイクルグラスを使い、少しアンティーク調のマグは、コロンとした形がかわいい。ハンドルがついているので、冷たい飲み物だけでなく、温かい飲み物でも持ちやすく、季節を問わず使いやすいマグ。ハンドルを棚やフックに掛けて、小物を入れたりと、使い方を色々と考えたくなります。

■『bodum for ADERIA』■

bodum FOR ADERIAは、 デンマークのボダムとADERIA(石塚硝子)がコラボしたした耐熱ガラス食器シリーズ。

熱い飲み物を入れても外面は熱くなりにくいので、安心して持てます。

見たとおり、2重構造になっていて、熱を伝えにくいようになっている。空気っていうのは意外と熱を通しにくく、熱いものなら冷めにくく、冷たいものならぬるくなりにくい。

簡単に言えば、普通のグラスが素っ裸なら、これはコートを着ているようなもの。ちょっとした保温効果もあるわけです。

飲み物を入れた時には液体が浮いているような感じで非常に良い。

■『ハートランドビールのガラスマグ』■

カフェオレやフルーツジュースにぴったり

セットのラッシーがハートランドのジョッキで出てくるところもまた良しw pic.twitter.com/HxPZWRZUuE

こちらはキンキンに冷えたジョッキに注がれた生ビールのハートランド氏 pic.twitter.com/u7cKlpquVT

昨日あれっ?と思ったんだけど、右利きのかたって右手でジョッキ持つことが多いんですかね。ハートランドの銘入りジョッキだったのに、私は左手で持つので、ほぼ飲み終えるまでそれに気がつかなかった。 pic.twitter.com/EE1rj1ryEE

■『ルック コーラグラス』■

1968年、日本人はヨーロッパの人々のライフスタイルである用途に合わせて食器を選び、食卓を楽しむ習慣を取り入れる事に力を入れ始めました。その時代に開発された商品、それが、ルックシリーズ。ヨーロッパ調の大胆な深いモダンな彫刻が美しい輝きを放つ施され、ガラスの生命である光線効果を高められるようにデザインされています。

老舗硝子メーカー「石塚硝子」が、1962年に発表したガラス食器ブランド「ADERIA」。この「ADERIA60」は、古き良き”メイド・イン・ジャパン”のプロダクトを現代に甦らせるプロジェクト【60VISION(ロクマルビジョン)】に賛同し、2004年から復刻販売を開始。

グラスとしてだけでなく、様々な用途にお使いいただけますので、
男性にも女性にもお勧めできます。

■『モロッコのミントティーグラス』■

1 2