1. まとめトップ

どうして?大切な親友だからこそ【本音が言えない心理】

あなたは、「親友」に全てを打ち明けていますか?中には、「大切な親友だからこそ言えない…」なんて人もいると思います。「親友だからこそ言えない心理」とは何か…?

更新日: 2018年10月25日

7 お気に入り 1155 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

あなたは、「親友」に全てを打ち明けていますか?中には、「大切な親友だからこそ言えない…」なんて人もいると思います。「親友だからこそ言えない心理」とは何か…?

kapipandaさん

あなたには「親友」と呼べる友達がいますか?

「親友」には、何でも話すことが出来ますか?

「親友」の関係性であっても、必ずしも全てを包み隠さず話す訳ではなく、

「親友だからこそ言えない」と思う人もいると思います。

悩みを打ち明けてくれない親友にはどんな事情があるのか。

「親友だからこそ言えない」心理を考えていきましょう。

~「親友」だからこそ、本音が言えない心理~

本当に仲良しだからこそ、心の奥は見せないようにしてる

仲良しの友達の中で、常に明るく笑顔でいる友達。
そして悩みすら持ってなさそうでいいなぁと感じる友達はいませんか?しかしそれは大きな間違いであることも多いのです。

人は大人になるにつれて、自分の感情を外に出すことが少なくなるもの。
明るそうに見えても、常に笑顔でも、相談をしてこなくても、その人の中には問題を抱えていることは多く、そうした人こそ本当の仲良しの友達には言わないのです。

でも、それでは本当の仲良しではないのではと感じるでしょうが、本当の友達といる時だからこそ、楽しい空間でいたい、笑っていたいと思う人もいるのです。

「言えない」のではなく、「言わない」のである

それが友達の有り方であると捉えてあげることが大切です。

実際は心の奥で悩んでいたり辛いことがあっても、友達といる時は忘れられる、本来の自分でいられることもあり、またその時間があるからこそ、平常心を保てる人もいます。

それは友達を信用していないとか、ホンネを言えないとかの問題ではなく、あなたといることで気持ちをリフレッシュさせている状態であると考えるのが適切でしょう。

心配をかけたくない…

辛いことも、しんどいことも、重い荷物も、1人で背負っている。
辛いんだけど、辛いと言えない。
誰かに迷惑をかけられないからグッと我慢する・・・。

“なんでも1人で何とかしようとする”という心理があります。
言い方を変えると“誰にも助けを求めない”ということです。

苦しいときやしんどいとき、それを自分で何とかしなければいけないと思います

「誰かに迷惑をかけたくない」
「相談するとその人に心配をかけてしまう」
「誰かの負担になりたくない」
「その人に申し訳ない」

といった“配慮”が作り出すものが多いのです。

“本当は結構深刻なんだけど、
つい、『大丈夫、大丈夫』と言ってしまう”というパターン

本音を話したら、嫌われてしまうかもしれない恐怖心がある

友達に本音を言えないのはつまり、
本音を言ってどう思われるのかが不安だからです。

言いたいことを言えない理由って
いくつかあるんですが、

まず大きな理由の一つとして
「嫌われたらどうしよう」

嫌われちゃったら
離れていっちゃうかもしれないから
怖くて言えない…

だから、言いたいことをなかなか言えない。
だっていなくなっちゃったら怖いもん。

あなたを失いたくなくて、悩みを言えずに一人抱え込んでいる場合も考えられます。

たとえ話さなくても、あなたがいることが支えである場合が多い

どうして言ってくれなかったの?」と思うかもしれませんが、その友達にとってはただ側にいてくれるだけで満足しているのです。それが一番の支えになっているのです。
事が済んでから過去の悩みや気持ちを笑いながら話してくる。

話す話さないは別として、親友にとっては「あなたがいること」が最大の支えであり、心を許していないわけではないことを理解してあげてください。

まとめ

親友のこうした心の奥までくみ取ってあげることで、あなたはもっと親友のことが理解してあげることが出来るのではないでしょうか?

あなたのことが大切だからこそ、話せないこと。
本音を言わないことは、決して信じていない訳ではないこと。

何も話してくれない親友を責めるのでなく、いつか話してくれるまで待つよ、ぐらいのスタンスで構えていたら、親友の心にも変化があるかもしれません。

あなたが親友の良き理解者であることは間違いないのですから。

1 2