1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

▼強制わいせつの容疑で36歳の男が逮捕された事件

▼4月に、JR埼京線の車内で20代女性にわいせつな行為をした疑い

強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、兵庫県姫路市の派遣社員・佐伯和彦容疑者(36)です。

かばんに取りつけたカメラを押し当てるなど、わいせつな行為をした疑いが持たれている。

▼掲示板で集まった5、6人の男たちの共謀して今回の犯行に及んだ

佐伯容疑者はインターネットの「痴漢体験告白」掲示板で、午後7時2分を意味する「1902が最強」という書き込みを見つけ、その電車を選んだようだ。

掲示板を見て集まったと思われる5、6人の男たちとグルになって被害者の女性を狙い、周りを囲みました。新宿駅から板橋駅に向かう9分の間に、男たちの手が女性の股間に延び、パンティーに手を入れ、代わる代わるまさぐった。

▼別の男が逮捕されるが、容疑者は線路に飛び降りて逃走

警視庁によりますと、当時、同じ女性の体を触ったとして別の男がその場で現行犯逮捕されましたが。

佐伯容疑者は、乗客の男性に板橋駅で取り押さえられたが、ホームから線路に飛び降りて逃走していた。

JR東日本によりますと、山手線や埼京線が上下線で一時、運転を見合わせるなど約3万2000人に影響が出ました。

▼防犯カメラの映像などから、佐伯容疑者が浮上し、あえなく捕まった

現場に残されたトートバッグ内の携帯電話や防犯カメラの映像などから、佐伯容疑者が浮上した。

そして警視庁は、派遣社員の佐伯和彦容疑者(36)=兵庫県姫路市家島町真浦=を強制わいせつの疑いで逮捕し、13日発表した。

▼『痴漢のために上京した』と供述しているが、容疑は否認している

調べに対し、佐伯容疑者は、「盗撮はしたが、強制わいせつはしていない」と、一部容疑を否認しているが、警視庁は余罪があるとみて調べている。

佐伯容疑者は調べに対し、「痴漢のために上京したが、盗撮をしただけで、わいせつな行為はしていない」などと供述しているらしいが、そういう問題じゃないだろう。

手馴れたやり口から常習性が高いと見て、余罪も含めた捜査が進められている。

『痴漢のために上京』って凄いな、こんなスケベパワーも湧かんわ、

1 2