1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ボンネットから体の一部…山陽新幹線の人身事故に衝撃走る

山陽新幹線博多発東京行きのぞみで人をはねる事故があり、衝撃が走っています。

更新日: 2018年06月14日

9 お気に入り 124205 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・山陽新幹線博多発東京行きのぞみで人をはねる事故があった

山陽新幹線博多発東京行きのぞみ176号が、14日午後2時前後に博多―小倉間で人をはねた。

JR西日本は山口県下関市の新下関駅に停車させ、先頭車両の先端に割れを確認。

・ボンネットからは人体の一部が見つかる

先頭部分の左側から大きな亀裂が入り、割れたボンネットがずれているのが分かる。

亀裂が発見されたのは博多駅を出発して、すぐのことだった。

山陽新幹線の人身事故、「人身事故とわかった理由」が、車体の中から人の腕が出て来たから、っていう理由をニュースの速報でうっかり聞いて震えた。

・反対側を走る列車が気づき新下関まで徐行で移動

・山陽新幹線は上下線で運転を見合わせた

その結果、ボンネットから人の体の一部が見つかり、JR西日本は小倉と博多の間で走行中に人が接触したとみています。

この事故で新幹線の乗客にけが人はいませんでした。

・ネットでは様々な声が上がった

一方で、「運転士が気づかないほどのスピードだったのか」「さすがにわからないだろ…」と運転士に同情の声も数多く寄せられている。

・実際Twitterでも同情の声が…。

新幹線の事故、運転士は気が付かなかったのかってコメ見るけど、気がつくわけないじゃん。 車運転しててフロントガラスに虫がぶつかってもわからないのと一緒じゃない?

1 2