1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

最短で司法試験に合格する

kazu_dayoさん

司法試験

司法試験
https://ja.wikipedia.org/wiki/司法試験_(日本)

法務省・司法試験
http://www.moj.go.jp/shikaku_saiyo_index1.html

司法試験の受験料→

受験手数料は28,000円です。収入印紙を受験願書の「収入印紙貼付欄」に消印をしないで貼ってください。なお,現金・郵便切手・都道府県発行の収入証紙等は受け付けられません

法科大学院

法科大学院
https://ja.wikipedia.org/wiki/法科大学院

法科大学院は「専門職大学院であって、法曹に必要な学識及び能力を培うことを目的とするもの」をいうと定められている(法科大学院の教育と司法試験等との連携等に関する法律・第2条第1項)。法科大学院の制度は、2004年(平成16年)4月に創設された。
法科大学院の課程の標準修業年限は、3年

法科大学院修了者は、5年以内に3回までしか新司法試験を受験することが認められなかったが、2014年(平成26年)5月に改正司法試験法が成立し、2015年から受験回数制限は撤廃された。もっとも、終了後5年までという年数制限は依然として残存しており、事実上5回までしか受験は認められない。このような受験制限は、旧司法試験制度にはなかった。5回のうちの新司法試験に合格しなかった場合、再度新司法試験を受験するためには、再度法科大学院に入学し修了するか、司法試験予備試験に合格して別途の受験資格を充足する必要がある(司法試験法第4条)

学費
国立大学は、一律入学金が28万2000円、年間の授業料が80万4000円で、初年度納入金は108万6000円です(2016年現在)。
公立大学は、大学がある自治体の住民は入学金が安くなること、さらに首都大学東京に関しては授業料を60万円台に抑えていることもあり、初年度納入金は国立大学より安くなるケースが多い

私立大学の入学金、授業料は幅があります。入学金は10万~30万円です
授業料は、国立大学より安い50万円台、60万円台としている大学もあれば、130万円台、140万円台という大学も。
その他の費用も合わせると、私立大学の初年度納入金は、80万~200万円。平均すると約140万

司法試験予備試験

法務省:司法試験予備試験
http://www.moj.go.jp/jinji/shihoushiken/shikaku_saiyo_index.html

受験料は17500円(電子出願の場合は16800円)

司法試験予備試験(しほうしけんよびしけん)は、法科大学院を修了した者と同等の学識を有するかどうかを判定し、もって司法試験の受験資格を付与するために行われる国家試験である。通称は予備試験
https://ja.wikipedia.org/wiki/司法試験予備試験

平成30年司法試験予備試験実施予定表

試験公告
平成29年
11月17日(金)
願書交付
平成30年
自 1月 4日(木)
至 1月26日(金)
願書受付
自 1月15日(月)
至 1月26日(金)
短答式試験実施
5月20日(日)
短答式試験合格発表
6月14日(木)
論文式試験実施
自 7月15日(日)
至 7月16日(月)
論文式試験合格発表
10月11日(木)
口述試験実施
自10月27日(土)
至10月28日(日)
最終合格発表
11月 8日(木)

1