1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

2007年春、元Jenivaの苑と悠を中心に結成。ヴィジュアル系のシーンの中では珍しくキーボードを要した5人編成によるバンドである。
バンドコンセプトは「現代的なものと伝統美の融合」。シンフォニックメタルから影響を受けたバンドサウンド[1]と高い演奏力、ボーカル苑の高音とビブラートが特徴。楽曲においてはシンフォニックメタルを軸にした曲が多く、メンバーのほとんどがメタルを好んでいる。
バンド名の由来は、ボーカルの苑が見ていたアニメ『BLOOD+』のサブタイトルから。意味は「摩天楼は現代にしかなく、重いロックやデジタルサウンドを表していて、オペラは昔からの綺麗な音楽、ピアノやクラシックを表している」であり、そのままバンドコンセプトに直結する。

ANTHEM(アンセム)は、1980年代初期から活動している日本のヘヴィメタルバンド。
GLAYのギタリストHISASHI[9]、LaputaのギタリストKouichi[10]が好きなバンドとしてあげている。

GALNERYUS(ガルネリウス)は、日本のヘヴィメタルバンドである。
メロディックスピードメタルの疾走感のあるサウンドの中に哀愁を帯びたメロディを盛り込み、複雑な変拍子を取り入れたプログレッシブメタル的なフレーズや、合唱とのアンサンブルなどのシンフォニックメタル的なフレーズを多用する。
それぞれのメンバーが非常に高度な演奏技術を有し[5]、バンド活動の他も、楽器セミナーや公式からのYouTube配信動画を通して国内外のバンドマンや音楽ファンからの支持を集めている。 また、メンバーの交友関係が広く多くの音楽雑誌やライブイベントで国内外のアーティストと共演したり、サポートメンバーとして様々なスタジオ音源やライブに参加することが多い。

NOCTURNAL BLOODLUST(ノクターナル・ブラッドラスト)は、日本のヴィジュアル系デスコア/メタルコアバンド。
エクストリーム・ミュージックを基盤としたエンターテインメント・バンドである[6]。メタルコアやラウドロックなどをベースに様々な音楽的要素を織り交ぜた「エクストリーム」と称したジャンルを提唱して活動しており[3]、8種類のシャウトを使い分けるボーカルワークや高い演奏力[7]、終末的な世界観の楽曲[8]などが特徴。結成初期はメタルバンド(デスコアバンド[1])として活動していたが、途中からヴィジュアル系バンドへ転向した[4]。

前回記事はこちら

1