1. まとめトップ

ヘイトスピーチを掲載した『保守速報』から広告消失! #ネトウヨサイト裸祭り

ヘイトスピーチを掲載していた『保守速報』から企業広告が削除されました。企業のイメージが悪化するとして、ヘイトスピーチに敏感な企業が増えている事が要因です。

更新日: 2018年07月02日

0 お気に入り 343 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

◆差別発言・デマを拡散していた

2014年にはフリーライターの李信恵さんが、人種差別発言により名誉を傷つけられたとして同サイト管理人を提訴しており、管理人に対し200万円の賠償を命じる判決

これまでも差別的な投稿や、誤情報などを配信してきたことから、たびたび問題視されてきた。

◆エプソンの広告停止が引き金

広告が出ているのを見つけたユーザー側からの通報を受け、企業側が広告の出稿を止めたという。

広告撤去に至ったきっかけは恐らく、エプソン販売が6月5日、ユーザーからの問い合わせを受けて保守速報への広告出稿を停止したこと

◆保守速報の全ての広告が消失

これまでサイト上部や左カラムなどに複数の広告を設置していましたが、現在は全て撤去されいずれも空欄

保守速報側も一時、広告バナーをアダルト系に差し替えるなどして対応していましたが、現在はこれも表示されなくなり、全ての広告が完全に消滅

保守速報がエロ広告貼りだしたらYouTubeのヘイト動画もxvideosに移動するのが筋やろ

愛国ポルノサイトとしてずっとやってきた保守速報が広告剥がし祭りの結果文字通りのポルノサイト化して、読者がみんな文字通りのアダルトマン将軍になってくの面白すぎるな。

◆アノニマスポストからも広告消失!

◆メディアからの記事転載問題

保守速報から広告が根こそぎ無くなったが、各紙からの記事の盗用は続いている。これからは各紙に「貴社の記事をほぼ丸ごと盗用しています」とお伝えした方がよさそう。 広告収入が途絶え、さらにマスコミ各社から損害賠償請求訴訟を起こされ、著作権法違反で刑事告訴されるというところまで見て見たい

1