1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ
207 お気に入り 150140 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼アメリカの都市伝説であるスレンダーマンが映画化

スレンダーマンとは、2009年にウェブサイトから広まった架空の痩せた背の高い男が現れるというアメリカのネット掲示板から生まれた都市伝説。

2018年5月18日に全米公開する予定でいたが、後に公開日を同年8月24日に延期すると発表。

@Hermes_of_Metal 予告見てもスレンダーマンほぼ出ないから、よく分からんけどホラー映画としてはしっかりしてそうだでwww youtu.be/ySy8mcceTno

本作は、高校生の女の子4人がスレンダーマンの伝説を調べるうち、1人の女の子が行方不明になった……というストーリー。

『スレンダーマン』のメガホンを取るのは、過去ホラー映画『ラストサマー3』(2006)を手掛けたシルヴァン・ホワイト。

手足が異常に長く顔が無い男性の姿をした海外で有名な都市伝説の怪人「スレンダーマン」を題材にしたホラー『Slender Man』は早く見たいですね。予告を見る限りだとかなりダーク youtu.be/ySy8mcceTno pic.twitter.com/dLMPGWixXg

▼アメリカの実在する幽霊屋敷が舞台

アメリカ合衆国カリフォルニア州サンノゼに今も存在し、幽霊の目撃情報が相次ぐ世界的に有名な幽霊屋敷「ウィンチェスター・ミステリーハウス」。

本作は米カリフォルニア州に実在する幽霊屋敷・ウィンチェスターハウスを舞台としたスリラー。

「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」は、6月29日から全国公開

娘と夫を突然の病気で次々と亡くした未亡人サラ・ウィンチェスターは、ウィンチェスター銃によって命を落とした人々の亡霊から逃れるため、一族の膨大な財産をつぎ込み、365日24時間、妄信的に屋敷の増改築を繰り返していた。

精神科医のエリックは、屋敷の中に厳重に閉じられた禍々しい部屋があることを発見する。“ウィンチェスターハウス”に巣くう亡霊の正体とは。

映画になるんだ!!ホラー好きとしてはこの家有名だから嬉しい!観に行く!!! 増築し続けないと、死ぬ。『ソウ』シリーズ最新作監督×ヘレン・ミレン/映画『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』予告編 youtu.be/KvDga4m6ibo

映画『呪怨』シリーズを手掛けた清水崇監督は「あの屋敷を映画に!? 光と闇の描写、度重なるコケ脅し…幽霊屋敷ホラーのお手本!」と本作を絶賛。

おもしろこわっ…!怖そう ホラー映画は実在する舞台の方が魅力的な映画になる…観たいけど悩むー(´Д`;) eiga.com/movie/87565/vi…

▼音を立てたら終わり・・・

音に反応して人間を襲う“何か”により人類が滅亡の危機に瀕した世界で、手話を使い、裸足で歩くことで静寂とともに暮らす家族の姿を描く本作。

彼らは会話に手話を使い、歩くときは裸足で、道には砂を敷き詰め、静寂とともに暮らしていた。しかし、そんな一家を想像を絶する恐怖が襲う。

1 2 3