1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

漫画村との関係は‥?合法無料漫画サイト「漫画ビレッジ」に注目が集まる

掲載漫画すべてが無料で読めるサイト「漫画ビレッジ」が人気を集めている。名称やデザインは、海賊版サイトとして悪名高かった「漫画村」に似ているが、漫画ビレッジは出版社の公式漫画アプリなどで無料公開されている作品を集めた、“合法”無料漫画のリンク集として注目が集まった。

更新日: 2018年06月16日

41 お気に入り 120474 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

“合法無料漫画サイト”「漫画ビレッジ」に注目が集まっています

karumaru0505さん

●違法アップロードが問題になっていた海賊版サイト「漫画村」

漫画を中心に、雑誌・単行本などを大量に公開、「無料」で読める状態に置いている。大半は著作権者に無断アップロードされている。

●その漫画村が閉鎖してから2ヵ月がたった

漫画家らで結成する日本漫画家協会は2月、「創作の努力に加わっていない海賊版サイトなどが利益をむさぼっている」との声明を出していた。

衆議院予算委員会でも議題となり、政府は今年4月、インターネットプロバイダーに対し、漫画村など3つの違法な海賊版サイトへの接続遮断を求めた。

漫画村は4月上旬から接続しにくい状態が続き、そのまま4月中旬までに閉鎖したとみられる。

●「漫画村」閉鎖後、電子書籍の売上が伸びたという声も

『きみを死なせないための物語』の漫画家・吟鳥子さんは、閉鎖後はじめての電子書籍の売り上げについて「2倍以上の記録になっていました…!」と報告

また、小説「逆成長チートで世界最強」などの佐竹アキノリ氏も「電子版の売り上げが一気に増えていた」と報告。

「因果関係を証明するのは難しそう」「これからの推移も大事やね」など慎重な見方もありますが、海賊版サイトの根絶に向けて明るいニュースとなったのは間違いなさそうです。

●そんな中、あるサイトに注目が集まっている

人気漫画を無料で掲載していた海賊版サイト「漫画村」が物議をかもし、4月に閉鎖された。そんな中、掲載漫画すべてが無料で読めるとうたうサイト「漫画ビレッジ」が5月30日に登場した。

サイトのトップ画面には「すべてのマンガが無料で読めます! いくら読んでもすべて無料」の文字。

●“合法無料漫画サイト”「漫画ビレッジ」

漫画ビレッジは海賊版サイトではない。出版社の公式漫画アプリなどで無料公開されている作品を集めた、“合法”無料漫画のリンク集だ。

「ピッコマ」「LINEマンガ」「GANMA!」「Kindle(無料)」など、公式に無料で漫画を配信しているサービスへのリンク集となっている。

●サービス誕生のきっかけは「『合法漫画村』があれば面白いんじゃない?」

サービス誕生のきっかけは、友人で起業家の古川健介さん(37)との何気ない会話だった。

「『合法漫画村』があれば面白いんじゃない?」「Webブラウザだけで漫画が読めるといいよね」。

1 2 3