1. まとめトップ
  2. レシピ

W杯の相手国を食べちゃうゾ♡お酒に合うレシピ⓰選!コロンビア・セネガル・ポーランド料理をご紹介

ロシアワールドカップがいよいよ開幕!日本の対戦相手国の名物料理を食べてやっつけちゃおう!

更新日: 2018年06月16日

26 お気に入り 8126 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ロシアワールドカップがいよいよ開幕!日本の対戦相手国の名物料理を食べてやっつけちゃおう!

jetwskyさん

■『コロンビア』■

◎コロンビアで一番メジャーなアヒアコ◎

オリーブオイル 大さじ2
手羽元 2~4本
水 3カップ
マギーブイヨン 1個
トウモロコシ(缶詰可) 1本(1缶)
ジャガイモ 2個
長ネギ 1本
コリアンダー 少々
生クリーム 適量
ケッパー 適量
アボカド 1/2個

http://www.recipe-blog.jp/profile/224611/recipe/1217458

コロンビアで一番メジャーな料理。
日本のクリームシチューの様な味♬

◎ポジョギサード◎

鶏肉(好きな部位でよい)・・・100g
玉ねぎ・・・1/2個
にんにく・・・中国産サイズで2かけ
油・・・大1
トマトピューレ・・・大3
チキンスープ(水と鶏がらスープの素で作ってもよい)・・・1C
唐辛子・・・1本
塩・・・好みの量(味見で決める)
パセリやコリアンダーの葉・・・好みの量

http://jp.ndish.com/recipe/a461/

ポジョは鶏肉、ギサードは煮込み。スペイン語で呼ばれるこの料理は、中米及び南米各国の定番料理の1つです。

◎コロンビア風チチャロン◎

チチャロンは豚の皮を揚げたスナックだと思っていたらコロンビアでは身がついてて立派なメインディッシュだと知り、食べてみたくなっていろいろ調べて自分なりに作りました。

◎アレパ◎

コーンフラワー
2C
中力粉
大2

小2/3
砂糖
ふたつまみ
ぬるま湯
320mL(※1)
バター
大2

http://www.recipe-blog.jp/profile/224611/recipe/1217458

日本でとうもろこしの食べ方と言えば、ゆでてかぶりついたり、バーベキューで焼いたり、コーンポタージュやバター炒めにします。それらの味を思い起こすと、とうもろこしは美味しいですよね。諸外国ではとうもろこしは乾燥して粉にされることも多く、コロンビアやベネズエラでは厚めのパンのように焼かれます。とうもろこしの風味という美味しさや、料理のもつ熱さという美味しさがあって、とても美味しいです。ハチミツを塗ったり、チーズを挟んだり、おかずを挟んだり、アレンジの幅も広いのが素敵です。

◎とってもスイートなコロンビアのプリン♪◎

コンデンスミルク  200cc

牛乳          200cc

全卵
大きめのサイズの場合 1個
小さいサイズの場合   2個 

https://ameblo.jp/foamys/entry-10602563983.html

材料はとってもシンプル
作り方はとっても簡単簡単
ぜひぜひ、お試しださい

■『セネガル』■

◎セネガルの家庭料理 チェブジェン◎

米2合
白身魚中1尾
ニンジン1/3本細切
大根10センチ
ナス一本
玉ねぎ小1個
キャベツ1/6個
ライム輪切り6枚
■スープ
マギーブイヨンキューブ一個
トマトペースト大さじ2/3
水500cc
オリーブオイル70cc
ホタテの干し貝柱大5個
塩少々
■ロフ(調味料)
パセリ大きめ5本位
ニンニク3かけ
コショウ少々
赤唐辛子少々

https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1210004080

西アフリカはセネガルの家庭料理「チェブジェン」です。魚のダシで炊いたお米が美味いっす。

◎スプカンジャ◎

オクラ
30~40本くらい(※1)
玉ねぎ
中1/8個
にんにく
小さめを1かけ

300mL
マギーコンソメ(※2)
キューブ1つ(※3)
魚の白身(※4)
1かけ(※5)
ミニトマト(※6)
2個
八丁味噌
あれば小1/4
鷹の爪
1/3本~1本

小1/2
パームオイル
大4(※7)

http://jp.ndish.com/recipe/re00079/

ガンビアとセネガルはかつてセネガンビアと呼ばれ、料理にも共通点が多くあります。カザマンスの中心都市であるジガンショールをポルトガル人が作ったことは知られることであり、この地域にはポルトガルの影響が料理に見られるのも、興味深いことです。ここでいうスプカンジャは、パームオイル(オレンジ色のヤシ油)が利いたオクラのとろとろ煮で、西アフリカの典型料理の1つとも言えるものです。

◎チュウ◎

アジやイワシサイズの魚
2尾(※1)
レモン果汁(※2)
大1
玉ねぎ
中1個
ピーマン
あれば2個
にんじん
1/2本
揚げ油
魚が浸る量
トマトピューレ(※3)
1/3C(※4)

500mL(※5)

小1/3
こしょう
3ふり
味噌(※6)
小1
マギーコンソメ(※7)
小1/2
ビーフシチューの素(※8)
少々
ごはん(炊いたもの)
2人分

http://jp.ndish.com/recipe/re00149/

私がこの料理を初めて食べたのは、西アフリカのガンビアという、セネガルに三方向を囲まれた小国でした。両国はセネガンビアとして文化が共通しており、チュウはセネガル料理の代表でもあります。主には揚げた魚をハヤシライス味のシチューに仕立てるもので、日本から遠く離れたアフリカの国で、こんなにも日本人の舌になつかしい料理があるのかと感激。しかも嬉しいことに、現地ではこれを白いごはんと共に食べています。

◎ヤッサオープレ◎

1 2