1. まとめトップ

横浜市議・斉藤達也氏【地域とともに輝く370万都市】を目指す

人口370万人を超す大都市横浜の市民を支える、横浜市緑区、選出の斉藤達也横浜市議会議員。横浜を支えさらに輝ける年にするために掲げた政策「地域とともに輝く370万都市」をまとめて紹介します。

更新日: 2018年10月28日

12 お気に入り 23153 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nata-syaさん

斉藤達也プロフィール

生年月日 1973年(昭和48年)1月20日45歳
当選回数4回
出身地横浜市
最終学歴早稲田大学 社会科学部
座右の銘または好きな言葉
予防と実行力!!パパは頑張ります。
血液型A型
干支丑

経歴
平成3年3月     早稲田実業学校高等部
平成7年3月     早稲田大学社会科学部卒業
数種の仕事を経験し
平成15年4月13日 横浜市会議員選挙に当選
平成15年4月30日 横浜市会議員に就任
平成19年4月 8日 横浜市会議員選挙に、二期目当選
平成23年4月10日 横浜市会議員選挙に、三期目当選
平成27年4月12日 横浜市会議員選挙に、四期目当選

現在
横浜市会 建築都市整備道路委員会 委員
横浜市会 郊外部再生・活性化特別委員会 委員
自民党緑区第四支部 支部長
横浜みどりライオンズクラブ 会員
(一社)横浜青年会議所 シニア会員
保護司 (緑保護司会所属)
神奈川県薬物乱用防止指導員
自衛隊募集相談員
緑火災予防協会 会員
横浜市及び緑区パワーリフティング協会 会長
パワーリフティングでは、
全国優勝4回、世界大会出場3回
緑区ボウリング協会 会長

斉藤達也議員の政策”6つの約束”

一、災害に強い横浜
一、誇りあるハマッコをはぐくむ
一、地域とともに輝く370万都市
一、人にあたたかい横浜
一、頑張る人が報われる
一、地球・みどり・生活を守る

斉藤達也議員の6つの約束(政策)の”地域とともに輝く370万都市にスポットをあてていきます。

地域とともに輝く370万都市

・横浜型の大都市制度、道路、鉄道を充実
・狭あい道路の拡張、歩道の確保
・自治会、商店街活性化、駅前再開発
・ふれあいバス、グリーンライン延伸
・米軍施設の跡地活用
・オープンデータ、アイデアの結集
・新市庁舎、横浜環状北・北西・南線
・リニア新幹線、交通ネットワーク

横浜型の大都市制度、道路、鉄道を充実

今日は、横浜市会•大都市行財政制度特別委員会の任期最終の委員会に出席しました。
政令指定都市の、平成31年度国の施策及び予算に関する提案(通称:白本)や、平成30年度大都市財政の実態に即応する財源の拡充についての要望(通称:青本)についての報告がありました。

また、昨日閣議決定された「災害救助法の一部を改正する法律案」についての報告があり、この法律案は、政令指定都市が、災害時における避難所の運営や応急仮設住宅の供与等を包括的に担うため、長年にわたり、災害対応法制の見直しを求めてきました案件で、全国20政令指定都市議会としても一致して意見書を提出していました。

道府県から政令指定都市への、権限の移譲になりますが、両者が適切な連携・役割分担を行なって、被災した地域全体の住民に対する、より迅速かつ円滑な支援が可能になります。

平成7年の阪神・淡路大震災の教訓を踏まえ、また、東日本大震災など、各災害において、長い間検討されてきた案件です。

今後、国会において法律案の審議が進められることになります。できる限り早期の成立を願っています。
法律が成立後に、国において、救助実施市の指定が行われます。

全ては、市民の安全安心のために。

Facebookより

7月14日、党本部において自民党若手政令指定都市議会議員(45歳以下)で構成するアーバンユースネット」(会長:斉藤達也横浜市会議員)と青年局幹部役員で意見交換を行いました。
鈴木馨祐青年局長は「地方はもちろんのこと、大都市での成長も日本には必要である」と挨拶。
災害対策や上下水道の広域化に関する議論から、現在20市ある政令指定都市も各市、人口など規模の開きがあり課題が一律ではないことなど、テーマは多岐に渡り、非常に有意義な意見交換となりました。

【地元緑区の未来をみすえて】
中山駅南口地区第一種市街地再開発事業等について、都市計画市素案説明会に参加しました。

大勢の区民が参加して、その関心の高さを感じました。私も事業の完成に向けて、全力で応援してまいります。



この件は、議会で、林文子横浜市長に質問しています。

中山駅南口地区について

〇斉藤たつや…中山駅南口地区は、長年の検討を経て、準備組合の皆様が市街地再開発事業の都市計画決定の手続を進めています。今後の進め方はいかがですか。



〇林文子市長…中山駅南口地区は、都市基盤施設の整備や建物の老朽化対策などが急務と考え、早期に再開発事業の都市計画手続を進め、準備組合の皆様をしっかりと支援し、事業化に向けて全力で取り組んでまいります。

最初に、街づくりの基本に関する社会資本の整備、あるいは首都圏の中の横浜の役割等について、関連して何点か伺ってまいります。
 横浜のさらなる発展を考えた場合、将来を見据え長期的視点に立った都市経営が必要です。都市経営の前提になるのは社会資本の充実であり、我が党では道路、鉄道、港湾を初めとする社会資本を着実に整備しバランスのとれた都市づくりを推進していくことを主張してきているところであります。都市計画局16年度予算案におきましても、先ほど局長の答弁もありましたが、3つの主要施策の1つとして都心、副都心、地域拠点など多心型都市構造の形成が掲げられており、社会資本などの整備に積極的に取り組んでいく考えであると理解しております。
 そこでまず、社会資本の一つとして重要な都市計画道路について取り上げます。

都市計画には制度と交通網の整備と確保は欠かせません。
災害時などの有事の際に交通マヒが起こりうるのが大都市という事であっては市民の安心は確保できません。
積極的に政策に取り組むことにより市民の不安を解消し、より住みやすい年にしていただきたいです。

狭あい道路の拡張、歩道の確保

続きまして、狭隘道路拡幅整備事業についてお伺いいたします。
 安全安心なまちづくりのためには、インフラ整備である狭隘道路の拡幅整備が重要であります。住宅密集地の防災性、歩道の確保など、地域の利便性、福祉の向上に大きく寄与してまいります。本事業では、条例に基づいて指定した整備促進路線を中心に事業を進めておりますが、整備促進路線を指定した考え方についてお伺いいたします。

それでは、道路整備の基本姿勢について質問いたします。
 先日公表された次期中期計画素案では、横浜環状道路や3環状10放射の幹線道路の整備とともに、バリアフリー化や歩行者対策など市民生活に直結する身近な道路整備が重点事業として掲げられており、広く市民から期待されるものと思います。これに基づき、過日開催された市会定例会一般質問で、我が党の梶村議員から道路整備の基本姿勢に対する質問がありました。ここで市長から、道路整備は横浜の戦略的な資産づくりであり、引き続き市政にとって重要な課題であるとの答弁がありました。私も道路は横浜の発展に欠かせない資産であると強く思います。大切な社会基盤である道路の整備について当局ではどのように取り組もうとしているのか、確認してまいります。
 そこで、まず最初に、道路整備の現状をどのように認識しているのか、お伺いいたします。

狭隘道路の整備と歩道の確保は住宅密集地の防災整備とお年寄りや子供たちが安全に歩行するためには必須であると思います。
環状線などの本線も大事ですか、こうやって市民が直結する道路こそ見直していくべきではないのでしょうか。

自治会、商店街活性化、駅前再開発

1 2 3