1. まとめトップ

地震後の行動・アドバイスまとめ

2018年6月18日に関西で起きた大きな地震。先の東日本大震災や阪神大震災で大きな被害を受けた人達から届いているアドバイスをまとめてみた。

更新日: 2018年09月08日

79 お気に入り 45704 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kiironominiさん

風呂に水を貯めろ!!!!!

【大阪近郊に住む方々】 水の確保をしてください 水が止まるとトイレが流れなくなります とりあえずお風呂に水を溜めてください とにかく溜めてください ※水が濁っている場合があります、濁ってる場合は決して飲まないでください、コップに入れたくらいじゃ分かりません #地震 #地震情報 #大阪 pic.twitter.com/Ia1iB98OXC

大きな地震のあとは水道が止まる恐れがあるので、水がでているうちにお風呂に水を貯めておくとよいかもです。 東日本の時に言われて貯めといたんだけど、トイレとか本当に助かったので…

ガスの元栓は閉めてください 風呂の残り湯は捨てず、なかったらすぐ水をためてください やかんやペットボトルにも 地下水道管に損傷があってもしばらくは家屋の近くの水道は止まりません、水の確保を 火は厳禁です ガス漏れあると引火します エレベーターは停電すると閉じ込められる降りて

2日位はお気をつけください。熊本の例がありますので…。 お風呂に水を貯めれる方は貯めておく。 耐震加工のないお家の方は揺れたらすぐ窓や玄関を開けて歪んで出れなくならないように。 近くに開けた安全な場所があればそちらに避難を。 ぶっちゃけ鉄筋コンクリートの学校とかが安全だけど

ライフラインが切れてないときに家できること 水がでるうちにお風呂、やかん、ぺっとボトルなどに水をくむ ごはんを炊けるだけ炊く 飲み水もだけどトイレ流す水とかが不足するからだときいた。

・お風呂に水をためておく ・懐中電灯や持ち運びタイプの充電器の確保 ・食べるものがあればその確保 ・目が悪い方はメガネの確保 ・持病のある方は薬&お薬手帳を など、思いつくことは全部やりましょう。大丈夫です、備えにやりすぎはありませんから。今後断水や停電が絶対に無いとは言えません。

食べ物の確保

関西の皆大丈夫? 電気が繋がってるなら、白ご飯炊いてー!おにぎりにしておいてー! 3.11の時、食べ物ないしガス電気止まったからその教訓! とりあえず、多めに白ご飯あれば、なんとかなるから〜!! 皆が無事な事願ってます!!!

・調理不要ですぐ食べられる食べ物、懐中電灯、サランラップ、アルミホイル、レジャーシートなどもまとめて置いておく 被害はこの後わかります、今は大事なくても余震が大きいの来る可能性があるので二次被害を避けることを考えて行動しよな! 会社学校のことよりも自分と家族の命を最優先に!!!

@mM_mY1125 準備するものというか地震のときにあってよかったと思ったのは 飲み物 食べ物(お菓子でも) 充電ケーブル等(電気が復活したあとすぐに連絡取れるように) 冬用のジャンバー(熊本地震のときは寒かったので) トランプとかUNOとか(ちょっとした安らぎ) とかですかね... ご無事をお祈りします...

家の中でも靴は履いておけ!!!!!

指だけじゃなく足裏も切ってたことに今気付いた(;´д`) えらい畳が血で汚れてるなと思ったら…orz みなさま、今の状況では室内でも靴を履いたり、せめてスリッパを使うなどしてください。私のようになります

あと、あるなら靴下はいて室内でもスリッパか靴はけるように準備しとくの大事!

大阪府北部で震度6強 僕の住んでいる場所が中心でしたが、 周り見回す限り大きな被害はなさそうです ただ物が散乱しています 厚底の靴で行動しましょう 落ち着いて情報を確認しましょう pic.twitter.com/saPaD91Hwi

震度6弱の揺れになると物が倒れていたり、ガラスが割れているする可能性が高く、 仮に倒れていなくても倒れやすくなっていて非常に危険です。 家の中でも靴やスリッパを履くようにしましょう。

女性はヒールを脱げ!!

もう出社してる勢、とくに女性は近所に靴屋かなんかあったらスリッパ何足か買っときな もし交通機関が夜まで死んでて歩かなきゃならなくなったらヒールだとどうにもならない

窓を開けておけ!!!

ていうかTwitterしてへんでちゃんとみんな安全確保した? 食器が落ちていたら最低でも厚手のスリッパを履いてね ホントは靴がいいよ あと窓は開けといた方がいいよ 地震による家屋の歪みで開かなくなって逃げられなくなることもあるよ

逃げる時は、電気のブレーカーを落とせ!!!

停電している間はなにも起きませんが、復旧したあと、配線のいたみが原因で火が出るケースがあります。

これは「通電火災」と呼ばれ、阪神・淡路大震災や東日本大震災でも数多く起きています。

二次災害を防ぐ為も! 停電中の方にお願いです。 ブレーカーを落としてください! 電気が回復した時に、電流が一気に流れて火災が起きる恐れがあります!阪神淡路大震災時の火災の原因です。ブレーカーを落としてください! #大阪地震 #停電時の注意

帰ってきたら、窓を開けてからブレーカーを上げろ!!!

関西地震のニュース。「家に帰ったら、窓を開けて、それからブレーカーを上げてください」と。「なぜその手順を踏むのか?」が説明されてないと行動につながらないと思います。ブレーカーが下がっている=電気が落ちている、ということはどこかで電気がショートしている可能性が高いです。(つづく

「電気がショートしている」ということは、どこかで火花が発生している可能性があります。普段ならば、この火花はホコリなどに引火して火災を発生させるのですが、地震の際はもう一つの可能性があることを忘れてはいけません。(つづく

地震のあとはガス漏れしている可能性もあり、ガスが充満している中で火花が散ると大惨事になる。
窓を開けることで、万が一ガスが籠っていても外に逃がせ、二次災害のリスクを減らせる。

ちなみに、ドアと窓など、対角線にある2つの扉を開けると、効率よく空気を入れ替えることができる。

落ち着いたら、水を入れる入れ物を確保

地震のとき1番必要なのは水じゃなくて水を入れる入れ物が1番大事でした。水は救援物資や自衛隊の方々が届けて頂いていたので、水よりも入れ物が大事ですよ!あと、強いて言うならブルーシートもあると雨風もしのげます。 #大阪地震

1 2