1. まとめトップ

「初心者でも分かりやすい!仮想通貨用語の解説!まとめ」

初心者にはなかなか難しい仮想通貨用語。今回は仮想通貨を初めて購入する人のために、仮想通貨用語を分かりやすくまとめました。

更新日: 2018年06月18日

2 お気に入り 24286 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hidemaru3さん

アービトラージ

裁定取引のこと。他の仮想通過取引所(主に海外)との価格差額を利用した売買を行うことで、利ざやを稼ぐ。通貨の転売のようなもの。

アービトラージを利用することで、上手くいけば低リスクで利益を出すことが可能です。この場合の“利ざや”とは、仮想通貨を転売することで出る差額(利益)の事を指します。

ICO(アイシーオー)

ICOとは、企業や団体などがビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨と交換できるトークンを発行し、新規事業などに必要な資金を集めることをいいます。

ICOとはイニシャル・コイン・オファリング(Initial coin offering)を意味する仮想通貨用語です。ICOをする事によって仮想通貨を発行する企業は、投資家や株主に頼ることなく資金調達を行えるという利点があります。

アドレスや暗証番号を無くす人は実は増えています。一度無くしたら再発行はできません。そのため、これらをしっかりと管理し保管する事は仮想通貨で利益を出す以上に大切なことです。

アルトコイン

アルトコイン(代替コイン)とは Alternative Coin の略で、ビットコイン(bitcoin/BTC)以外の仮想通貨(暗号通貨)の総称です。

アルトコインは2000種類以上あり、その数は日々増え続けています。それぞれのアルトコインが他にはない個性的な特徴を持っています。アルトコインの例として、イーサリアム、イーサリアムクラシック、リップル、ライトコイン、ネム、ビットコインキャッシュ、モナコイン、EOS、IOTA、NEOなどが挙げられます。

イナゴ/イナゴタワー

特定の銘柄の株価が急騰した際に、急遽買い付け速やかに利食いし他の銘柄に移動する個人投資家の売買行動によって暴騰後急落する通貨の動きが多く見られることから、この動きを稲穂に群がるイナゴに例えてイナゴタワーと呼ばれている。

イナゴは失敗するケースも多く、この場合は「イナゴ焼き」と呼ばれています。そのまま上昇すると思い高値で買っても、そこから更に上がるとは限らないので、テクニックが必要な手法です。初心者には少し難易度の高い方法ともいえます。

ウォレット

仮想通貨を管理するための財布のようなもの。オンラインのホットウォレットとオフラインのコールドウォレットに大別される。

仮想通貨用語の中でも特に重要なのが、この「ウォレット」です。ウォレットに登録すると同時に自分だけが知ることのできる秘密の「暗号キー」が発行されます。「暗号キー」は最近、ハッキングによる盗難が頻発しているので、スマートフォンなどで保管する事は決して行わないようにしましょう。

エアドロップ

AirDrop(エアドロップ)とは、仮想通貨が仮想通貨取引所に上場する前に、プロジェクトの参加者やトークンの保有者を広げることで経済圏を拡大することを目的として、希望した人に対してトークンを無料で配る行為のことです。参加するユーザーは仮想通貨を無料で入手できます。” 出典: BITTIMES仮想通貨専門用語集

エアドロップは大抵登録すれば誰でも無料でトークンをもらえます。エアドロップのタイミングは常にツイッターなどのSNSをチェックして見逃さないようにしましょう。

空売り

高く売って安く買い戻すことで差益を得る、信用取引の一種。現金を担保に仮想通貨を借りて取引することが出来る。国内ではビットフライヤーやZaifが対応している。

空売りの方法を使えば、ビットコインを持っていなくてもコインの売却ができます。空売りのタイミングを見極めるのは難しく、下がりそうな時ではなく、下がり続けている時の方が良いと考えられています。

1 2