1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

またしてもブロック塀が…地震時に凶器と化す塀に色々な声

大阪で地震が発生しました。その際、ブロック塀の倒壊によってまだ9歳の尊い命が奪われました。凶器と化す危ない塀にネットからは色々な声が上がっています。

更新日: 2018年06月18日

5 お気に入り 18687 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■今朝、大阪府で震度6弱の大きな地震が発生した

大きな揺れが、都市機能を一瞬で混乱に陥れた。大阪府北部を震源に、最大震度6弱を観測した18日朝の地震。

多くの通勤者が仕事に向かっている中、午前8時前に起きた地震によって、水道管が破裂しているほか、家屋で火災が起きている

消防庁災害対策本部によると、午前10時半現在、大阪市や高槻市、兵庫県尼崎市などで20件の火災が発生したほか、大阪府の枚方市、大阪市、東大阪市、兵庫県西宮市、滋賀県湖南市などで43人の負傷が確認されている。

■現在までで4名の死亡が確認されている

6月19日AM10時現在で4名の死亡が確認されています。

11時15分現在、大阪で9歳の女の子を含む3人が死亡したほか、大阪や兵庫など2府4県で少なくとも51人がけがをしています。

■死亡した9歳女児の尊い命を奪ったのが「ブロック塀」

9歳女児の命を奪ったブロック塀は「法令違反」だったことが明らかとなっています。

「壁が崩れて、女の子が下敷きになった」大阪府高槻市栄町の市立寿栄小学校。大きな揺れが収まった直後、門の前にいた警備員の男性(70)のもとに児童が駆け寄り、こう告げた。

ブロック塀が倒壊し、登校中の小学4年生の女の子が下敷きになって死亡した。高槻市によると、寿栄小学校は現在開設されている避難所のひとつに指定されている。

男性は近くの住人らと協力して何とか塀を持ち上げようとしたが、最初はびくともしなかった。通りかかったトラックの運転手がジャッキを使って上げようとしたが、それでも上がらなかった

大阪市東淀川区では通学する小学生の見守り活動を行っていた80歳の男性が倒壊したブロック塀に巻き込まれて搬送先の病院で死亡

高さ2メートルの民家のブロック塀が幅10メートルにわたって崩れ、高齢の男性が下敷きになりました

高齢の男性が下敷きになりました。大阪府によると、男性は81歳で病院に運ばれましたが、死亡が確認されました。

■地震時の「ブロック塀の倒壊」は今までも多くの人の命を奪っている

昭和53年(1978年)の宮城県沖地震では18人が倒れてきたブロック塀などの下敷きになって亡くなりました。

東日本大震災や過去に発生した大地震では,建築物の構造部分の損傷以外にも,非構造部材といわれるブロック塀の倒壊・外壁材・天井材や窓ガラスの落下などの被害が数多く見られました

■以上のような過去の教訓は生かされなかったのか…?ネットには色々な声が上がっている

小学校のブロック塀で児童が亡くなるなんてあってはならない事。 過去の地震の教訓が生かされていない。

素人考えだけど、ブロック塀禁止したほうがいいんじゃね? 鉄筋が入ってないのかな?こういうの。 モチやグミキャンディよりも危険。 >倒壊ブロック塀による死者 過去にも | NHKニュース www3.nhk.or.jp/news/html/2018…

地震大国なのだからブロック塀は改良するか耐震性を考えないとあかんよね。通学路で児童の頭位置より高いところにブロック塀があるなんておかしい。どう見ても転がり落ちてくる造りだ。過去の教訓がちっとも活かされてない。

地震の時、ブロック塀は凶器になる。 過去の地震で何度も悲劇を生んでいます。 「行ってきます!」と元気に挨拶して家を出て行ったのでしょう。 同い年の子を持つ親として、親御さんのことを思うと胸が苦しくなります・・・。

1 2