古くから大切にされてきた神聖な香り

フランキンセンスは、エチオピアやイランなどの乾燥地帯で育つ樹木の名前です。その木を傷つけると、かさぶたを作るようにミルク状の樹液がにじみ出ることから、フランキンセンスの樹液を固めたものやエッセンシャルオイルは別名「乳香」とも呼ばれています。

出典フランキンセンス(乳香)の香りと効能とは?美肌・アンチエイジング効果も期待大! | FELICE(フェリーチェ)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

心のお守りに。。。フランキンセンスのおすすめ!

フランキンセンス。。。別名「乳香」「オリバナム」。「エッセンシャルオイルの王様」とも呼ばれています。紀元前2000年のエジプトでは、宗教儀式として太陽神ラーに捧げられていたとも伝えられています。あの有名なクレオパトラも愛したと言われており、とても歴史のある香りなんです。

このまとめを見る