1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

強豪・コロンビアを撃破!W杯初戦勝利した日本代表に歓喜の声

2018FIFAワールドカップ・ロシア大会で15日、日本代表はコロンビアと対戦、2−1で勝ち、2010年南アフリカ大会以来の決勝トーナメント進出に向け、好発進しました。ネットは「大迫半端ないって」がホットワード化しました。

更新日: 2018年06月20日

11 お気に入り 36976 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●2018FIFAワールドカップ・ロシア大会で日本はコロンビアと対戦

日本時間6月15日(現地時間14日)に開幕した2018FIFAワールドカップ・ロシア。

試合会場のスタジアム「モルドビア・アリーナ」は収容人数4万人超で、16日のペルー対デンマーク戦はほぼ満席の盛況。

スターティングメンバーにはGK川島永嗣、DF酒井宏樹、吉田麻也、昌子源、長友佑都、MF柴崎岳、長谷部誠、香川真司、原口元気、FW大迫勇也の11名が名を連ねた。

日本代表の2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第1戦のコロンビア戦はまさかの展開となった。

●前半3分、ハンドで阻止したことでサンチェス選手にレッドカード

相手DFと競り合いながら前に運んでGKと1対1になった。そのシュートはセーブされたが、こぼれ球を押し込みにいった香川の一撃をサンチェスが右手で弾き返した。

これでPKが宣告され、決定的な得点機会をハンドで阻止したことで、スロベニア人主審ダミル・スコミナ氏はサンチェスにレッドカードを提示。

・退場は、W杯史上2番目の早さとなった

試合開始2分56秒での退場は、1986年メキシコW杯のウルグアイ代表とスコットランドの一戦で、

わずか56秒で退場したホセ・バティスタ氏(ウルグアイ)に次いで2番目の早さとのこと。

いきなりレッド! コロンビアのサンチェス退場!

いきなり神風が吹きコロンビアのカルロス・サンチェス一発退場。

●その後、香川選手がPKを決めて先制!

6大会連続出場で2010年大会以来2大会ぶりの決勝トーナメント進出を目指す日本は、前半6分に香川(ドルトムント)がPKを決めて先制

日本代表、W杯15得点目 98vs中山雅史 02vs鈴木隆行 02vs稲本潤一 02vs稲本潤一 02vs森島寛晃 02vs中田英寿 06vs中村俊輔 06vs玉田圭司 10vs本田圭佑 10vs本田圭佑 10vs遠藤保仁 10vs岡崎慎司 14vs本田圭佑 14vs岡崎慎司 18vs香川真司

・しかし、前半39分MFフアン・キンテーロのFKで同点に追いつかれた

1 2 3