1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

_codyさん

伝説の絶妙手▲5七銀

▲5七銀が絶妙手。棋書ではよく出てきて、何度見ただろう。まさにハイライト局面だ。

以下△同馬▲5四角打△3一王▲3三桂成△同銀▲6二金△4八飛成▲5八桂打で先手玉は詰まず、
△3二銀打▲5一飛打△4一桂打▲3二角成△同王▲4三銀打△2一王▲4一飛成△1二王▲2四桂打
まで先手中原勝ちとなった。

単に5四角から入ると、5八桂合いのあと7七馬と金を取られて、5七竜と引く筋があって先手玉は詰む。

▲5七銀は馬筋をそらす意味で、先手玉は不詰になる。後手は7八金と打ちたいけれど、金を渡すと自玉が詰んじゃうので、泣く泣く△同馬。

最後の変化にも好手がひそんでいる。▲5一飛に4一金合だと、2一金!の好手があって詰む。詰めの好手筋だ。

谷川浩司さんの歴史的妙手「△7七桂」の解説をお願いします。

第9期竜王戦七番勝負第二局 先手羽生善治竜王 vs 谷川浩司九段で指した
歴史的妙手「△7七桂」はどのような狙いがあったのかを。

後手の一番指したい手は△7六歩と銀を取る手です、しかしそのまま取るのは▲6二馬と飛車を取られて負けです、それで先に△7七桂と指して先手が▲同桂とか▲同金と取れば△7六歩と取った手が次の駒取りになっていて寄せのスピードが違います、したがって先手はこの桂を取れません、しかも桂で飛車当たりなので、▲6二馬と飛車を取暇もありません、▲それで5九飛車ですが、後手は△6三飛車と馬を取って有利になっています。
補足:もし△7七桂を▲同桂と取った場合△7六歩▲6二馬△7七歩成▲同金△6二銀▲同竜△7九銀▲7八王△8九角まで後手の早い勝ちになります。

羽生さん側は加藤さんの香車で飛車と桂馬が香車で剥がされ、加藤さん側は銀と金が羽生さんが打った▲2四歩(後にと金)で剥がされた状態です。その間に加藤さんが羽生さんから取った飛車を1八の地点に打ち込んだ所が上記図となり、手番は羽生さんという状況です。
ここで△2九歩成と加藤さんがすれば、ほぼ必勝状態なんじゃないかなと思うような局面です。一方、羽生さん側の攻めゴマは盤上の香車1つのみ。持ち駒は、角金銀2香歩と豊富ですが、盤上では攻めゴマとして働いているコマが少なく、加藤さん側の玉の周りは非常に広いように見えます。(~中略~)
しかし…次の一手で全てが一変します!

次に羽生さんが放った手が5二銀打!
…ん?なんだこれは?金か飛車でタダで取られるだけなのでは?と一瞬思うのですが…少し考えてみるとこの▲5二銀打、実に恐ろしい手なんです。
この手をみて解説者の米長さんが「おぉー!やった!」とマイクの声が割れるくらい大声で叫んでいました。一瞬でこの手の意味が分かるなんて、やはりプロってすごいなぁと関心したくらいです。
隣にいた永井さんはmog同様にしばらくこの5二銀打の意味が分かっていなかったようです。

「退路を絶つぐらい」というよりも「まさにその意味そのもの」の
手ではないか(^◇^)と僕も思います。
ほっとけば1四角から詰みですし、△5二同金、△5二同飛でも
▲1四角で詰みです。

よって仕方なく△4二玉ですが▲61銀不成と金を取ってまたまた、
次ぎに▲3二金からの詰めろで
ここで後手はたとえ受けても即詰みあるいは1手1手だと思いますので
△2九歩成りから一手違いの形づくりに持っていったのではないかと
僕個人は思います。

とにかくこの▲52銀は秒読み?の中、ただ捨ての形でまるで
絵に描いたような決め手と言いますか、美しささえ感じる方が
多かったからこそ伝説になったのではないでしょうか。。。
またこの将棋は53手目の飛車を逃げずに▲2四歩と打ったのが
凄い決め手のように思いました。

藤井といえば ”聡太” ではなく、少し前まで ”猛” だった。

第54期順位戦B級2組7回戦(1995年)
対局者(段位は当時のもの)
先手:藤井 猛 六段
後手:井上慶太 六段

狙いは3四の歩と3三角の地点、7七角をダイレクトに相手の玉を狙うようにしむけていきます。

2二に玉が入ったらすかさず▲3五歩、△同歩、▲2五桂と跳ねます。これが藤井システムです。居玉のまま、すかさず自身の角の効きをダイレクトに相手玉に効かす対穴熊戦の急戦戦法です。穴熊に囲まれる前に決着をつけてしまおうという狙いです。

1