1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

大林宣彦監督最新作から知英主演アクションまで!「新作映画」情報まとめ

注目の「新作映画」情報5作品のまとめ。大林宣彦監督が20年ぶりに尾道メインで撮影『海辺の映画館―キネマの玉手箱―』、知英主演の日米合作アクション『殺る女』、自殺防止に取り組む僧侶のドキュメンタリー『いのちの深呼吸』、『ダブルドライブ~狼の掟~』&『ダブルドライブ~龍の絆~』。

更新日: 2018年09月20日

3 お気に入り 6746 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『ダブルドライブ~狼の掟~』(8月25日公開)&『ダブルドライブ~龍の絆~』(9月22日公開)

映画「ダブルドライブ 」シリーズ公式 疾走感溢れるクライム・カーアクションシリーズ誕生! 「ダブルドライブ ~狼の掟~」 主演:#藤田玲 8/25公開 「ダブルドライブ ~龍の絆~」 主演:#佐藤流司 9/22公開 「#ガチバン」「#闇金ドッグス」の製作陣が新たに放つ新シリーズです! pic.twitter.com/Ex4di5uo7O

藤田玲と佐藤流司が主演を務める映画『ダブルドライブ~狼の掟~』『ダブルドライブ~龍の絆~』の2作が連続公開される。裏社会を描きながらも疾走感あふれるカーアクションの要素が盛り込まれた作品。

「ガチバン」「闇金ドッグス」シリーズの製作陣が贈る本作は、2017年に公開された「ボーダーライン」の続編。「闇金ドッグス」第4弾から第9弾などの監督を務めた元木隆史が両作でメガホンを取り、同シリーズの池谷雅夫が脚本を担当する。

アベルと純也は車好きから意気投合するが、大麻の取引に失敗した純矢はペナルティとして多額の借金を背負い、闇金に手を染める羽目に。アベルも、兄を殺され復讐を誓う広澤の弟・狂介に行方を追われることになる。

ダブルドライブ見に行きたい 地元に来ないかなーてか、流司くん車運転する感じ……なのかこの映画

イカつい感じの流司くんをいっぱい見れるのかなぁ(*^^*) #佐藤流司 #ダブルドライブ #劇団ひまわりOFC 【佐藤流司】映画『ダブルドライブ~狼の掟&龍の絆~』に出演! | 劇団ひまわりOFFICIAL FAN CLUB fc-himawari.net/contents/178973

◆『いのちの深呼吸』(9月8日公開)

「死んでる場合じゃねえぞ」と喝、自殺志願者に寄り添う僧侶追う「いのちの深呼吸」(動画あり / コメントあり) natalie.mu/eiga/news/2872… pic.twitter.com/QqQkJclB9V

自殺防止活動に取り組む僧侶・根本一徹の日常を追った米ドキュメンタリー映画『The Departure(原題)』が、『いのちの深呼吸』の邦題で9月8日よりポレポレ東中野で公開される。

同作は、根本の存在を雑誌『The New Yorker』で知り、根本に魅了されたアメリカ人の監督ラナ・ウィルソンが来日して3年半にわたって撮影。根本の活動を通して、若者の死因の1位が自殺である日本の社会問題を浮き彫りにしていく。

挿入曲として坂本龍一がクリスチャン・フェネスとのコラボレーション曲を提供。監督のラナ・ウィルソンはデビュー作『After Tiller』で『エミー賞』を受賞している。

「いのちの深呼吸』と言う映画 見てみたい 気になった人は 動画サイトで検索して見てください。

映画『いのちの深呼吸』予告編 youtu.be/0iu02wrL0uw 酔っ払いっているので泣いた

◆『殺る女』(10月27日公開)

知英が殺し屋演じる日米合作映画「殺る女」公開、武田梨奈やニコラス・ペタスも出演(コメントあり) #知英 #武田梨奈 natalie.mu/eiga/news/2874… pic.twitter.com/tPkZpL8RSU

女優で歌手の知英が日米合作映画『殺る女』(10月27日公開)に主演することが、わかった。日本や韓国をはじめ、アメリカ、フィリピン、タイ、デンマークと各国のスターが共演し、世界をターゲットにしたアクション作品となる。

本作は、幼い頃、家族の命を奪われた女・愛子(知英)が殺し屋となり、犯人を探し出そうとする復讐(ふくしゅう)劇。

愛子役の知英のほか武田梨奈、駿河太郎、元K-1選手のニコラス・ペタス、フィリピン出身の歌手シャリースが出演する。「夢二~愛のとばしり」の宮野ケイジが監督と脚本を担当した。

殺る女、日米合作なんだって!武田梨奈も出るとか(^^) いつから見れるのかな?

◆『海辺の映画館―キネマの玉手箱―(仮題)』(2019年春公開)

日本を代表する映画監督で、がん闘病中の大林宣彦氏(80)の新作が、「海辺の映画館―キネマの玉手箱―(仮題)」(来春公開予定)となることが19日、分かった。戦争と広島の原爆を扱った内容で7月1日に故郷、広島・尾道で撮影に入る。

脚本は監督自ら手掛けるオリジナルで、かつての和製ミュージカル映画を映画館で見ていた若者たちがタイムスリップ。巡業中に広島で被爆する実在した劇団「桜隊」のメンバーと出会い、“その時”に向かって突き進む中での苦悩やドラマが描かれる。

大林宣彦監督の新作が尾道からスタート‼️楽しみにしてます 大林監督が来月尾道で撮影開始|NHK 広島のニュース www3.nhk.or.jp/hiroshima-news…

1 2