1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

NOオッサン!…あのバンドボーカルが『アラフィフ』の事実に驚愕

草野マサムネさん(スピッツ)をはじめ、宮本浩次さん(エレファントカシマシ)、HYDEさん(L'Arc〜en〜Ciel、VAMPS)など、衰え知らずの50歳前後のバンドボーカルの方々をまとめてみました。

更新日: 2018年06月20日

26 お気に入り 94004 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ラガモさん

◆ 50歳の 草野マサムネ(スピッツ)

福岡県福岡市出身のシンガー・ソングライター。本名は草野正宗。

スピッツ以外では、ソロで他アーティスト作品に参加するほか、楽曲提供も多い。

昨年、30周年記念盤をリリース

草野は「今回張り切って新曲も3曲作りました。最近のスピッツっぽい2曲と、バンド30周年のタイミングということで“ビートパンクバンド・スピッツの新曲”という想定で1曲。楽しんでいただけると幸いです!」とコメント

草野マサムネが若すぎる50歳というのは周知過ぎる事実だけどその隣ですまし顔してる田村明浩も50歳には見えないということには何故誰も突っ込まないのか

最高にイカしたバンド・スピッツのフロントマン草野マサムネさんお誕生日おめでとうございます✨ もう50歳だなんて信じられない… どんなに有名になっても変わらないマサムネさんは偉大なケモノです これからいつも元気で、愉快な仲間たちと共に幸せでいてくれることを祈ってます #草野マサムネ誕生祭 pic.twitter.com/V79laTbSkw

これが今年50歳のバンドには到底見えない。日本の宝。特に草野マサムネさんは天才中の天才。 pic.twitter.com/HFoBtzASdO

◆ 51歳の トータス松本(ウルフルズ)

ウルフルズのボーカルとして、1992年シングル「やぶれかぶれ」でデビュー。

「ガッツだぜ!!」でブレイクし、アルバム『バンザイ』はミリオンヒットを記録。

音楽活動と並行し、CM、ドラマ、映画、執筆活動等、多方面でも活躍している。

昨年、25周年を飾るアルバムをリリース

デビュー25周年を飾る本作は全13曲入りとなり、メンバーそれぞれが作詞作曲を手がけたナンバーを収録。

「せやなせやせや人生は」「もーあかんブギ」などウルフルズらしいタイトルのナンバーが並ぶ。

ウルフルズ『バカヤロー』

トータスさん見てるとアラフィフのおっさんもいいなぁと思ってしまうんよ (ただし若さとノリと勢いのあるおっさんに限るが)

◆ 52歳の 宮本浩次(エレファントカシマシ)

東京都北区赤羽出身。

中学校時代に結成したロックバンド・エレファントカシマシのボーカリスト、ギタリストとして活躍

1 2 3