1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

産前産後の給与を100%保障など「メルカリの福利厚生」が凄かった

東証マザーズに上場したことで話題になっている「メルカリ」ですが、産前産後の給与を100%保障するなど、福利厚生の充実ぶりがすごいと話題になっています。

更新日: 2018年06月20日

24 お気に入り 46170 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■メルカリ

株式会社メルカリ(Mercari, Inc.)は、東京都港区に本社を置く日本の企業。 フリマアプリ「メルカリ」のサービスを運営

かんたんに売り買いができて、あんしん・あんぜんなお取引ができるフリマアプリです。

現在、日本とアメリカ、イギリスでサービスを提供していて、ダウンロード数は1億を超えています。日本ではダントツの規模を誇る

■先日、東証マザーズに上場した

国内スタートアップシーンを牽引してきたメルカリが、本日6月19日に東証マザーズ市場に上場した。

初値は5000円と売出し公募価格の3000円を超え、5300円で取引を終えた。また、一時ストップ高になる場面も見られ、終値ベースの時価総額は約7172億円

「これからの時代、テクノロジーで差別化できないプロダクトは生き残れない」とも語り、今後はAIやブロックチェーン・AR・VRなどの分野に積極投資する

会長の言葉です。

そんなメルカリの福利厚生がすごかった

■産前産後の給与を100%負担

産休・育休期間中の給与については、女性の場合には約8カ月間、男性の場合には約1.5カ月間、全額が保証される。

子どもを産むことも支援しており、不妊治療については、年齢に関係なく費用の全額もしくは一部を会社が負担してくれる(治療開始から10年間)。

■結婚・婚活を支援

結婚にあわせて5日間の特別有給休暇が取得でき、お祝い金として5万円も支給される。独身者は婚活支援としてマッチングサービス「pairs(ペアーズ)」の有料プランを無料で利用することもできる

メルカリの社員は福利厚生で、「Pairs(ペアーズ)」というマッチングアプリを無料で使うことができる

もっと社員の婚活や妊活を重視する企業が増えれば、少子化も改善の兆しを見せるのではないでしょうか。

■子育て支援も手厚い

子どもが病気になった場合のベビーシッター代や、認可外保育園に入園する場合の費用差額なども会社負担にできる

子どもの看護や家族の介護で仕事を休む場合、法定の有給休暇とは別に、1年あたり5日間を特別有給休暇として取得できる

子どもが病気になったら、無制限で子どものベビーシッター代を1時間1,500円分サポートする

■全社員の死亡保険にも加入している

全社員の死亡保険加入 メルカリで働く全社員に対して死亡保険に加入することで、万が一の時に社員の家族を最大限支援します。

万が一の時のセーフティライン 病気やけがの時のサポート 全社員の死亡保険加入

1 2