1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

◆あなたは普通に電車に乗れますか?

もし、頻繁に起こるようなら要注意。最近注目されている「各駅停車症候群」かもしれません。

◆『各駅停車症候群』とは

「電車に乗っていても、急におなかが痛くなり便意が我慢できず、途中下車してトイレに駆け込む…

また電車に乗ると「またトイレに行きたくなったらどうしよう」という不安が自律神経を乱し、またトイレに行きたくなる…。」

忙しいサラリーマンやOL、頭脳労働者に多く、通勤途中で、駅ごとに下車してトイレに駆け込んだりすることから“各駅停車症候群”ともいわれています。

◆正式名称は『過敏性腸症候群』という病名です

今、日本人の10~15パーセントに認められるという、非常に頻度の高い病気です。

思春期から40代を中心に多い病気ですが、最近では小・中学生にも増えています。

◆症状は、吐き気や腹が張るなど多岐に渡ります

腹が張る、鳴る、吐き気、嘔吐、げっぷ、放屁など腹部に不快な症状が出ることもあります。

また、下痢型・便秘型・ガス型・混合型…などと、いくつかのタイプがあります。

◆ひどく悪化してしまうと、電車以外の乗り物でも、同様の現象になる場合があります

症状が重くなると電車だけに限らず他の乗り物でも同じ現象が起きてしまったり、

会議中や講義、講習中などのすぐにトイレへ駆け込むことができない状況下では、常に「過敏性腸症候群(IBS)」の症状に悩まされることになってしまいます。

◆原因はストレスだと言われています

各駅停車症候群になるのには、原因があります。たとえば、仕事や職場にストレスを感じている人もいるでしょう。

強いストレスを感じたときには症状が強く表れ、ストレスが軽減されたときには、症状が軽くなる傾向があります。

◆治すためには、とにかくストレスを取り除くことが大事

1 2