知らなかった…防災対策でやってはいけないこと

災害が起きた際やその準備をしてる時、うっかりとやってしまいがちなことがさらなる事故につながることも…そうなる前に事前に知っておきたい知識をまとめました。

更新日: 2018年06月21日

140 お気に入り 113373 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「あ、地震きた」って思った直後は…

大きな地震発生後は電気の回線等もダメージを受けているかもしれません。そこで暗いからと言って、照明のスイッチを押すと通電する事がありますので、極力スイッチは触れない様にしましょう

漏電していた場合、ブレーカーを上げることで火災に繫がる可能性も。

万が一ガスのにおいがした場合も、換気扇の使用は厳禁。スイッチを入れると火花が飛んで引火する危険があるため、窓やドアを開けて換気し、ガスの元栓を閉めてガス会社や消防に連絡を

固定電話・携帯電話ともに、一カ所に電話が集中すると輻輳(ふくそう)を起こして電話が死んでしまいます

連絡は災害用伝言ダイヤル「171」やSNS等の活用や、遠方の家族や知人を介して連絡をとり合う「三角連絡法」も有効です

大地震発生後72時間は、基本的に「救助活動」が最優先で、また救助活動が行えるのは専門的な訓練を受けた人員だけです。素人が被災地に駆けつけてもかえって救助活動の妨げになります

ボランティアは被災地から要請がでたあと、被災地が落ち着いてからにしましょう。

水トラブルに発展しないためにも

地震の際に生活用水やトイレ用水として活用するためにお風呂の水をためたままにしている方は、注意が必要

【理由は・・・】
下水があふれるなど目にみえた被害がなくても、排水管が壊れているケースがあるので「確認がとれない段階では、水を流さず備蓄してある災害用トイレを使用!」を徹底していただきたい

生活用水として利用する場合であっても、用途にもよりますが、過炭酸ナトリウムや塩素をいれて、細菌対策をしてからの利用が現実的

性能のよい浄水器が必要となる。

キッチン周りにも落とし穴が

直火のないIH調理器でも火災は起きます。少しの時間であっても火があるところから離れない、どうしても離れなければならない時には必ず火を消す、という意識が大切

消火器を用意する時は、用途があったものか確認を。キッチンであれば「油火災対応」の消火器を用意するのがベスト。

「水消火器」は「油火災」「電気火災」には使用できません。また粉末消火器は消火力はありますが、一瞬で視界がなくなり、火元に正確に命中させる難しさがあります

また、高温状態の油が再発火する可能性もあり、消火後の後始末が大変になる。

最近では「台所用消火器」と呼ばれる商品があり、油火災の初期消火に対し非常に効果的です。コンパクトでスペースをとらない、後始末が簡単(お酢を使ったものなど)などの長所があります

1