これはひどい…「大阪地震」を偽る詐欺が悪質すぎ

今月18日に発生した大阪北部地震。この災害に便乗した悪質な「義援金詐欺」が発生しています。この手の詐欺は、東日本大震災や熊本地震でも発生しており、消費者庁は注意喚起を促しています。

更新日: 2018年06月20日

15 お気に入り 112029 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

いま「義援金詐欺」がネットで話題に

19日静岡県沼津市で、「市の職員を名乗る男が家に来て大阪の地震への寄付を募られ、家族が5万円払ってしまった」という相談が市の消費者生活センターに電話で寄せられた

◆静岡新聞社・静岡放送は、自宅に伺っての寄付のお願いは一切していません。決してお金を渡すことのないようご注意ください。 義援金詐欺に注意を 静岡新聞社社員や沼津市職員かたる|静岡新聞アットエス at-s.com/news/article/s… #静岡新聞

職員だけでなく、静岡新聞社社員を騙る詐欺も。

この手の詐欺、過去にも発生

「電話で市の職員を名乗り、『義援金を振り込んでくれ』と市が管理しているのとは別の口座を教える」「オホーツク海のカニを半額で買わないか。売上の一部を義援金にする」と促すケース

「地震で困っている人に老人ホームの入居権を譲って欲しい」などと持ちかけられる詐欺も発生

同様のケースは被災地以外でも発生

ボランティア団体などをかたり、電話や自宅に訪問して義援金を求め断っても食い下がることもあるという

(実際に過去には、)被災者を装った男が、路上で「熊本まで帰る金がないので貸して欲しい」などと嘘をついて大学生から1万円をだまし取った被害も

こういった例が、消費者庁や国民生活センターに全国から寄せられた。

この件で消費者庁は注意喚起

消費者庁は、不審な訪問や電話を受けた場合は明確に断るとともに、「消費者ホットライン(188番)」を活用し、消費生活センター等へ相談するよう指導しています

関連リンク

1