1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

次々に起こる怪奇現象…鳥肌が立つほどガチめに怖い"ホラー映画"5選

ガチめに怖い…確実に鳥肌が立つ"ホラー・サスペンス映画"5選をご紹介します。

更新日: 2018年06月23日

81 お気に入り 62683 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

気になる情報をお届けします。

tatsubo1208さん

◎IT/イット “それ”が見えたら、終わり。

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(イットそれがみえたらおわり、IT)は、アンディ・ムスキエティ監督による2017年のアメリカ合衆国のホラー映画である(英語版)。

1990年に映像化されたスティーヴン・キングのホラー小説を、『MAMA』で注目を浴びたアンディ・ムスキエティ監督が映画化。

静かな田舎町に突如現れた正体不明の存在が、人々を恐怖に陥れるさまが描かれる。

『IT-イット-』それが見えたら終わりの前作を紹介 akira-blog.com/entry/2018/06/… イットは、あのピエロが何とも言えない恐怖がありましたねぇ ((((;゚Д゚))))))) #イット

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。を見た 想像していたものと違った いい意味で! みんな子供の頃は見えない何かを怖がっていたもの・・・ "それ"に立ち向かう少年少女の熱いホラー映画でした 続編があるとか 楽しみですねぇ・・・

映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』★★★★★5.0点。 ♥️ ホラーと青春、そしてきっと誰もがある子供の頃の記憶。… filmarks.com/movies/68060/r… #Filmarks #映画

『IT イット“それ”が見えたら、終わり。』 eiga.com/l/09rwX これは昨年末話題になった作品なので、観た方は多いはず…。 なのでとりあえず推しポイントを述べるだけにしたいのですが、とにかく脚本が良かったんだ…感情のジェットコースターみたいな構成だった。あと子役たちがとてもいい。

◎パラノーマル・アクティビティ 呪いの印

『パラノーマル・アクティビティ/呪いの印』は、2014年公開のアメリカ合衆国のホラー映画である。

低予算の製作費ながら、世界的ヒットを記録したホラー『パラノーマル・アクティビティ』のシリーズ第5弾。

腕に奇妙な印が現れたのをきっかけに、人知を超えた怪現象に襲われる青年と周囲の人々が味わう恐怖を活写していく。

パラノーマル・アクティビティ/呪いの印 見終えた~ まさかあのミ〇達がが出てくるとは思わなかった笑

先にパラノーマル・アクティビティ呪いの印見てるから3見た時に、あ!ここ!あれやん!とかなっていろんな意味で興奮したwww 結果怖かった( ˙-˙ )

『パラノーマル・アクティビティ 呪いの印』(14年アメリカ)84分。シリーズ5作目。今回の主人公はヒスパニック系地域の若者。過去作とは一線を画すようにシリーズ1の怖さ。しかしちゃんと伏線回収してくれる。レンタル。

『パラノーマル・アクティビティ 呪いの印』はシリーズの中でも一番アグレッシブ!突然超能力を手に入れた若者が調子に乗って楽しんでいたら自分を見失い徐々に凶暴化!オカルトバイオレンスに突き進み、なんと銃撃戦にまで発展するホラー強化版クロニクルで面白い! pic.twitter.com/CZMOw6ricU

◎インシディアス

『インシディアス』は、2010年のアメリカ合衆国のホラー映画である。

『ソウ』シリーズのジェームズ・ワン監督と、『パラノーマル・アクティビティ』シリーズのオーレン・ペリ監督が手を組んだホラームービー。

古い屋敷に引っ越して来たある家族が、その直後から起こり始める不可思議な現象に悩まされる恐怖に迫る。

インシディアスの最新作日本でまだやらないのかな、、、

インシディアス序章をぽけーっとしながら見てたら最後でビックリしてしまった

#京極エミーリア皐月 インシディアス1と2を続けて鑑賞しました! 1はいないはずの何かが存在する家と悪霊の住処、2種類のお化け屋敷要素を楽しめました。 最初は胡散臭い業者に見えたスペックスとタッカーもちゃんと活躍しつつコミカルさも両立させていて良いキャラクターでした。

#京極エミーリア皐月 インシディアス2を観ました。 今作は前作からの続きで、伏線回収があったりとストーリー性が強くなり、より面白くなったと感じました。 前作の超常現象に納得したり、逆にエリーズの首にある手形がジョシュと一致しないのは何故か?など考察も楽しかったです

1 2