1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

決定力半端ないって‥熱戦繰り広げられるロシアW杯で各国のエースが大活躍中!

ついに開幕したサッカー2018FIFAロシアワールドカップ。熱戦繰り広げられるロシアW杯で各国のエースが大活躍中!(ポルトガル代表クリスティアーノ・ロナウド、ウルグアイ代表ルイス・スアレス、ロシア代表デニス・チェリシェフ、スペイン代表ディエゴ・コスタ、日本代表・大迫勇也)

更新日: 2018年06月21日

9 お気に入り 32528 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

各国エースの決定力半端ないって!

karumaru0505さん

●14日に開幕したロシアワールドカップ

サッカーファン待望の4年に一度の祭典を、みなさんもうチェックしているだろうか。

▼熱戦が繰り広げられるロシアW杯で各国のエースが大活躍中!

◆スペイン戦でハットトリックを達成したポルトガル代表クリスティアーノ・ロナウド選手

ポルトガル対スペイン戦は今大会の1次リーグで最高の試合だったのでは、もしかしたら決勝までの全64試合のなかで、もっとも面白い試合かも……、と早くも言われている

超注目カードでFWクリスティアーノ・ロナウドがハットトリックといきなり魅せた。ロナウドはこれで4大会連続の得点の偉業達成。

試合終了間際に直接FKをゴール右隅に突き刺すなど、3得点を記録。3-3のドローへとチームを導いた。

●続く20日のモロッコ戦でもゴールを決めた!

2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第2戦が20日に行われ、ポルトガル代表とモロッコ代表が対戦した。

C・ロナウドはモロッコ戦の前半4分にジョアン・モウチーニョのクロスに頭で合わせてネットを揺らした。ポルトガルはこのエースの得点を決勝弾とし、1-0で勝利した。

この得点はロナウドにとって大会通算4ゴール目となり、これは同選手が過去出場したW杯で挙げた通算得点数を上回るものになった

●得点ランキングの単独1位に!

ハットトリックを達成したスペイン戦に続く2戦連発。計4得点で再び、得点ランキングの単独1位に躍り出た。

C・ロナウドは今回の得点により、ポルトガル代表としての得点記録を「85」に伸ばした。

また代表戦通算でのゴール数は2位となり、ロナウド以上にゴールしている選手は元イラン代表のアリ・ダエイ(Ali Daei)氏のみとなった。

ロナウドはなんなんだろう、意味不明な決定力してるよね

◆ウルグアイ代表ルイス・スアレス選手

2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第2戦が20日に行われ、ウルグアイ代表とサウジアラビア代表が対戦した。

前半23分、ウルグアイの左CKに相手GKが飛び出すが、ボールは大きく頭上を越えていく。すると、ファーサイドで待ち構えたフリーのスアレスが左足で合わせ、値千金のゴールを決めた。

決勝点を記録したウルグアイのルイス・スアレス(Luis Suarez)は、これが代表通算100試合目の出場となった。

スアレスのシュート技術はNo.1だな メッシクリロナは速い振りとコースとか凄いけど いろんな角度やボレーやらシュートパターンの豊富さと上手さは別格で

1 2 3