1. まとめトップ

松井珠理奈の炎上問題を一般人にもわかりやすいように解説

2018年6月16日に行われた『AKB48 53rdシングル世界選抜総選挙』で1位に輝いた松井珠理奈メンバー。そんな松井珠理奈メンバーが現在大炎上中となっているので、この問題をAKB48グループファンでない一般の人にもわかりやすいように検証・解説していきます。

更新日: 2018年06月22日

7 お気に入り 215399 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

第10回AKB48世界選抜総選挙で起こったSKE48・松井珠理奈さんの炎上問題をただひたすらに検証し解説していきます。

◆ことの始まりは選抜総選挙語の記者会見

AKB48の選抜総選挙で16位以上となったメンバー(選抜メンバー)の集合写真にて、3位のHKT48・宮脇咲良さんがいないというあり得ない事態が起こりました。
このことについて1位となったSKE48・松井珠理奈さんが記者会見で語った内容を要約すると、

選抜総選挙前に行われていたコンサートで『10年桜』という楽曲を披露している最中に、松井珠理奈さんが宮脇咲良さんに『もっとちゃんと踊って、じゃないとAKBが終わるから』と言い、ショックからか宮脇咲良さんはその後のコンサートへ出演ができなくなったとのことです。(この影響で記者会見も欠席したものと思われる)

このことはエンタメサイトの『モデルプレス』と早朝の情報番組であるTBSの『はやドキ!』しか報じておらず、またモデルプレスの記事がすぐに消えたことから、箝口令が敷かれたのではないかと憶測されています。

しかし『はやドキ!』で報じられたの動画はネットで話題となり、Twitter上では700万回再生される動画もあります。
更に動画サイトなどにもある同様の動画を全て合わせれば、おそらく1000万を超える再生数があり、かなり大きな話題になっているようです。

◆問題場面の確認

#松井珠理奈 #宮脇咲良 #akb選抜総選挙 パワハラ 優しく言ったように見えない スピーチは松居一代 風 鼻くそはどんまい pic.twitter.com/X1ioSg3drs

松井珠理奈さんが会見で話したシーンがこのツイートで確認できます。
確かにすごい剣幕で何か話しかけていますね。(しかも歌の途中です)

この際『もっとちゃんと踊って』と言ったそうなのですが、読心術のできる人によると『ちゃんと踊れ!』と怒鳴っているとのことです。

エンタメ情報サイト『WWS』のYou Tubeアカウントに問題となった『10年桜』の動画が一部ありましたが(1分18秒~)、宮脇咲良さんのダンスに注意をされるような点は特段見受けられません。

※6月26日、動画が消されました・・・

AKB48グループにおいてSKE48の1期生である松井珠理奈さんは、HKT48の1期生である宮脇咲良さんの先輩に当たるので、今回の件は最近何かと話題の『パワハラ』ではないかとも言われています。

◆これだけじゃなかった!松井珠理奈の異常行動

松井珠理奈はもう天狗になってる? AKBの全盛期って言われていた時に活躍して その時の先輩メンバーが居なくなって絶対女王になったつもりなのかな⁉️ #天狗疑惑 #ヘビーローテション #松井珠理奈 #荻野由佳 pic.twitter.com/uFmCQDVjPS

一般人には分かりづらいですが、このツイート動画で示す『ヘビーローテーション』はかなり異常な状態です。

こちらがAKB48の代表曲『ヘビーローテーション』のPVで、基本的な振り付けがわかります。
大事なところは、
・3分33秒からの大島優子(1位ポジション)と前田敦子(2位ポジション)の2人で歌ってるシーン
・3分43秒で2人に入れ替わって篠田麻里子(3位ポジション)がセンターに立つシーン
の2つです。

6月16日に行われたコンサートでは、昨年の選抜総選挙順位でヘビーローテーションのポジションが決まりました。(今年も選挙に参加するメンバーのみ)
昨年の選抜総選挙の1位(指原莉乃)、2位(渡辺麻友)は今年の選抜総選挙に参加していないので、昨年3位の松井珠理奈が1位(大島優子)ポジション、昨年4位の宮脇咲良が2位(前田敦子)ポジション、昨年5位のNGT48・荻野由佳が3位(篠田麻里子)ポジションで歌うことになります。

宮脇咲良さんは前記したとおりコンサートを途中退場してしまったので、本来2人で歌うシーンを松井珠理奈さん1人で歌うことになります。
ここは問題ありません。(間接的影響まで考えれば問題はあるが・・・)
しかし、本来『ずっと繰り返して~』のところで篠田麻里子ポジションを担当している荻野由佳さんとセンターポジションが入れ替わるのですが、松井珠理奈さんが勝手にマイクをスタンドから外し持っていってしまっているので、うまくポジションチェンジができず荻野由佳さんは仕方なく隣のマイクスタンドからマイクを外し歌いました。
このように松井珠理奈さんは明らかに自分勝手な行動をし、宮脇咲良さんの件も重なって大きな批判を浴びているのです。

おそらくこの場面の当事者である荻野由佳さんは思ったことでしょう。
『もっとちゃんと踊って』
と。

『もっとちゃんと踊って』と他人に注意した人がちゃんと踊らず他人に迷惑をかけた結果となり、松井珠理奈さんに対する批判の声はますます大きくなっているようです。
また、荻野由佳さんも宮脇咲良さん同様に松井珠理奈さんより後輩なので、この件もパワハラではないかと噂されています。

◆荻野由佳への妨害行為はこれだけじゃなかった!

自分のこと脅かす後輩潰そうとしている? 本番中に鬼の形相でおぎゆかにまで注意しようとしててプロとして失格。イヤモニ外す姿怖すぎて恐怖。 #松井珠理奈 #AKB世界選抜総選挙 #荻野由佳 pic.twitter.com/tPZiHVmLV0

松井珠理奈さんは『チャンスの順番』という楽曲を披露する際に、荻野由佳さんイヤモニ(イヤーモニター)を外し何かを言っています。

ライブ会場では声援や反響など様々な問題で音をうまく聞き取れなかったり、それが原因で演奏と歌のテンポがズレるなどの問題が起こります。
こういったトラブルを解消するアイテムがイヤモニです。

AKB48グループなどのアイドルは曲中激しいダンスをすることもあるので、このイヤモニは簡単に外れないようになっているのですが、その分1回外れてしまうと再び装着するのに手間がかかります。
このイヤモニ、しかも他人のイヤモニを、松井珠理奈さんはコンサートの最中(楽曲の途中)に、こともあろうか外してしまったのです。
イヤモニを外された荻野由佳さんは、この楽曲中ずっとイヤモニを付けようと試みるもうまくいかず、最後諦めて手に巻きつけていました。

先程も書きましたが、昨年の選抜総選挙は
1位:指原莉乃(HKT48)
2位:渡辺麻友(AKB48)
3位:松井珠理奈(SKE48)
4位:宮脇咲良(HKT48)
5位:荻野由佳(NGT48)
です。
この内、1位の指原莉乃さんは選抜総選挙からの卒業を表明し、2位の渡辺麻友さんはグループを卒業しました。

そのため、選抜総選挙における松井珠理奈さんの目下のライバルは、宮脇咲良さんと荻野由佳さんという他グループの後輩メンバーとなります。(宮脇咲良は後に選抜総選挙からの卒業を表明)
そのライバルである後輩メンバーの宮脇咲良さんと荻野由佳さんに対し、松井珠理奈さんはコンサートで妨害行為とも捉えられかねない行為を重ねたのです。
なぜこのような行為に及んだのかは分かりませんが、いずれにせよファンはもちろん一般の方にまでこの異常な行動が知られ、現在大きな問題となっているのです。

以上、一般の方にも分かるように松井珠理奈さんが炎上している原因を解説しました。
※その他にも細かな問題行動はあるようですが、解説するのは以上の3つまでとします。

注意:当まとめでは、問題を検証するためBS スカパー!の動画を含むツイートを引用しています。

1