1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

『高嶺の花』ではコスプレ少女役!「高橋ひかる」が本格始動

2014年に『全日本国民的美少女コンテスト』でグランプリを受賞した高橋ひかる。当初はCMなどで活躍していたが、昨年滋賀県から上京し、女優業を本格化。大河ドラマ『おんな城主直虎』に抜擢されたほか、今年に入り『パフェちっく!』でドラマ初主演。夏ドラマ『高嶺の花』への出演も決まり、コスプレ少女を演じる。

更新日: 2018年07月19日

3 お気に入り 9042 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆コスプレ少女役で夏ドラマに出演する「高橋ひかる」

野島伸司脚本で石原さとみ、峯田和伸の“超・格差恋愛”を描くことで話題の7月期新ドラマ「高嶺の花」(7月11日(水)夜10:00スタート、日本テレビ系)。本作に出演する16歳の高橋ひかる。

高橋が演じるのは奇抜なコスプレを毎回披露する不思議な女子高生役で民放ドラマデビューを飾る。

高橋が演じるのは、直人の同級生・太郎(吉田ウーロン太)の娘・秋保。直人は、コミュニケーションが苦手でコスプレを趣味にしている秋保をすんなりと受け入れ、秋保も直人の店の居心地がいいことから“店番”のように自転車店に入り浸っているという設定だ。

直人役:峯田和伸

◆昨年は大河ドラマに抜擢され、“眉毛の子”として注目された

「井伊直虎という女性を、もっと知りたいと思うようになりました」高橋ひかる(高瀬)【「おんな城主 直虎」インタビュー】:… bit.ly/2rqwcm5 #インタビュー #おんな城主直虎 #三浦春馬 pic.twitter.com/kKJwcKMHXg

◆元々、4年前に美少女コンテストでグランプリを受賞した高橋

2014年に『全日本国民的美少女コンテスト』でグランプリを受賞して芸能界入りを果たしたのは、高橋ひかる(16歳)。

◆CMで話題となり、翌年女優デビュー

「代々木ゼミナール」や「チオビタ・ドリンク」のCMに出演し、ネットでは「あの子は誰?」と話題になるほど。

2015年

◆昨年は若手女優の登竜門「高校サッカー応援マネージャー」に抜擢

昨冬には、ブレイク女優への登竜門とも言われる『全国高校サッカー選手権大会』13代目応援マネージャーに大抜擢されるなど、注目度は抜群だ。

同大会の応援マネージャーは、これまでに新垣さんや広瀬さんの他、北乃きいさん、川島海荷さん、川口春奈さんなどそうそうたる顔ぶれが歴任。

新垣結衣と広瀬すず

高橋さんの起用理由について日本テレビスポーツ局の佐々木聡史プロデューサーは、「“スター性”と、スポーツなどで培われた挑戦心、負けず嫌いな心の強さから、さらに進化する“可能性”です」とコメント。

◆今年4月からは若者向けラジオ番組レギュラーもスタート

高橋ひかるが、4月から、TOKYO FMをはじめとするJFN全国38局で放送中の10代向け人気番組『SCHOOL OF LOCK!』内のコーナー『GIRLS LOCKS!』の4週目を担当。

2018年

3月まで女優の永野芽郁がパーソナリティーを務めてきた。

永野は4月から朝ドラ『半分、青い』に主演中

1 2